ASUS、Android向け360度カメラを12月発売 価格は約1万4千円

ASUS JAPANは、Android向け360度カメラ「ASUS 360° Camera」を発表しました。
Androidのスマートフォンに直接接続することでカメラが自動認識し、手軽に360度静止画・動画の撮影が行えます。発売は2017年中旬以降を予定。価格は13,800円(税別)。

「ASUS 360° Camera」は、Android向けアプリ『ASUS 360° Camera』をインストールしてスマートフォンに接続することで、すぐに撮影が始められる360度カメラです。撮影データはスマートフォンに保存されるため、別途ケーブルの接続やデータの送信などの手間がかかりません。

カメラ本体にバッテリーを搭載せず、接続したスマートフォンの電力で動作します。そのため充電の必要がなく、本体直径約41mm、軽さ約35gとコンパクトな設計となっています。同製品は2種類のアダプタが付属し、スマートフォン側のUSBポートは、Micro USBとUSB Type-Cに対応しています。

4つの撮影モードと表示モードに対応

同製品は静止画を撮影する「写真モード」のほか、「動画撮影モード」、FacebookまたはYouTubeのアカウントと連携することでリアルタイム配信ができる「ライブモード」、早送りのような動画が撮影できる「低速度撮影モード」を搭載しています。

また、撮影した画像や動画を表示する際は、目で見たままのような表示が可能な「パノラマモード」、撮影の中心点から空間が広がるような「アステロイドモード」、球体の中に立体感のある表示ができる「クリスタルボールモード」、スマートフォン向けVRゴーグルに入れて立体的に楽しめる「VRモード」の4つを切り替えて楽しむことができるとのこです。

そのほかにも、撮影した静止画や動画に好みの加工ができる「エフェクト機能」も搭載しています。モノクロの「Inkwell」、トイカメラのような色合いの「X-Pro Ⅱ」、線画のような「Skeleton」、撮影後に肌のなめらかさを補正できる「Beauty」など、初期設定のノーマルな色味「オリジナル」を含め12種類のエフェクト効果を楽しめるとのこと。

スペックの概要

製品名

ASUS 360° Camera

発売日

2017年12月中旬以降

価格

13,800円(税別)

カメラ

500万画素×2

レンズ

広角 210°レンズ×2

解像度

静止画:4,096×2,048ドット
動画:1,920×960ドット(24fps)、2,048×1,024ドット(24fps)

インターフェース

microUSB×1

サイズ

直径約41mm

重量

約35g

対応OS

Android 5.0以降

主な付属品

microUSB-microUSBアダプタ、microUSB-USB Type-Cアダプタ、ユーザーマニュアル、製品保証書

製品ページ

https://www.asus.com/jp/Phone-Accessory/ASUS-360-camera/

(参考)
ASUS JAPAN株式会社 ニュースリリース
https://www.asus.com/jp/News/R9wb32qZUPjxRVko

関連するキーワード: ASUSASUS 360° Camera

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!