デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

吉本興業が米AI開発企業と提携、所属タレントを3Dアバター化

吉本興業ホールディングス株式会社は、人工知能を開発するObEN, Inc.(オーベン)との提携を発表しました。吉本興業はObENが有するデジタルヒューマン作成技術を活用し、日本市場向けにAIアバターのIPを管理および運用します。また両社は吉本興業の所属タレントのIPを使用した3Dアバターを製作中で、2020年4月に公開予定としています。

ObENは米国に本社を置く、デジタルヒューマン作成技術を有する人工知能の開発企業です。音声や画像データなど、最小のサンプルを使用し、対象人物にそっくりな外見や声で話すことができる3Dアバターが作成可能。音声変換技術を活用することで、ユーザーの母国語以外の言語も話すことができる、としています。

作成した3Dアバターは、スマホアプリやAR/VRで利用できるとのこと。運用にはブロックチェーン技術を使用し、ユーザーやクライアント、パートナーの個人情報と著作権を保護します。

(参考)吉本興業株式会社 プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

「いらすとや」が「VR卒業式」のイラストを公開

2020/02/28 19:00 話題

パズルゲーム「The Room」シリーズ最新作のリリース日が決定

2020/02/28 19:00 ゲーム・アプリ