デイリーランキング

一体型VRをエアロバイクを組み合わせたフィットネスマシン登場

ゲーム・アプリ

2019/01/16 11:33

日立ら、鉄道車両向けのAR作業管理システムを共同開発 製造効率の向上を図る

ビジネス活用事例

2019/01/15 17:30

HTCが新VRデバイスを発表、ポケGO開発企業が1.9億ドル調達 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/01/15 08:00

外部センサーなしで全身トラッキング、プロトタイプがCESでお披露目

テック

2019/01/12 12:00

顔を撃たれて感じる衝撃、ベスト+αの全身触覚再現デバイス「bHaptics DK3」

テック

2019/01/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARグラス開発のWaveOptics、2,600万ドル資金調達 製品化照準

イギリスのスタートアップWaveOpticsが、シリーズCで2,600万ドル(約30億円)を資金調達しました。WaveOpticsは、光学レンズとARグラスを開発している企業です。2019年の製品化発売に向けて供給体制を構築していく狙いです。

出資は、以前からの最大の出資者であるOctopus Venturesの主導によって行われました。新規出資者として、中国に拠点を構える製造メーカーGoertekと、Optimas Capital Partnersも加わりました。

更なる資金調達の可能性も

WaveOpticsは、2012年に設立された、ARグラスの開発に重要な光学系デバイスに強みを持った企業です。2017年には、シリーズBで約1,600万ドル(約17億6千万円)を資金調達しました。

WaveOpticsの発表によると、今回調達した資金は、今後予想される需要に対応可能な、世界規模のサプライチェーンの構築に使用されるとのことです。サプライチェーンの構築範囲には、アジアやアメリカといったヨーロッパ圏外の地域も含まれます。

新規出資者のGoertekは2018年11月に、WaveOpticsとARグラスに使用するARレンズの生産に関する提携を結びました。Goertekは提携により、WaveOpticsが委託したARグラス用のARレンズを独占的に生産します。今回の出資にGoertekが参加したのも、提携の一環であると推測されます。

WaveOpticsは、今回の資金調達を“最初のステージ”と表現しています。今後の更なる資金調達も予想されます。

2018年現在、WaveOpticsが開発を進めているARグラスはすでに製品化の予定が進行しています。発売予定は2019年。予定価格は600ドル(約68.000円)です。新ARグラスに搭載されるARレンズは、WaveOpticsの「Phlox 40」と推測されます。「Phlox 40」は、ディフラクションウェーブガイドが採用されており、アスペクト比16:9、視野角40度の視界を提供します。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

ウェザーロイドAiriとふたご座流星群を見よう! 二夜連続の特別番組が13・14日放送

2018/12/13 11:00 VTuber 最新ニュース一覧

VRヘッドセットXTALの新バージョン より広い視野角を実現

2018/12/13 11:00 テック