デイリーランキング

立体的に覗き込める「デジタル水槽」、環境省の施設に導入 「Looking Glass」を活用

活用事例

2020/07/13 19:05

Magic Leapの新CEOは現マイクロソフト役員、 SteamのVRデバイス利用状況調査が公開 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/13 08:00

ARグラス関連か? アップルのサプライヤーが「半透過型レンズ」試作中

業界動向

2020/07/13 11:30

VRフィットネス「BOXVR」開発元が750万ドル調達 新製品開発を加速

投資

2020/07/13 12:00

【最新版】VRってなに? 仕組みや活用事例も含め徹底解説

業界動向

2020/07/12 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

英スタートアップ、ARグラス生産で中国の製造メーカー大手と提携

ARグラスを開発するイギリスのスタートアップWaveOpticsは、中国に拠点を構える製造メーカーGoertekとの提携を発表しました。ARグラスに使用するAR用レンズの生産を委託し、2019年の製品発売を目指します。

発売予定は2019年

ARグラスの開発において、表示を司る光学系はデバイスのコストに大きく影響します。WaveOpticsは、このARグラスの光学系に強みを持った企業です。2017年7月に、シリーズBで1,200万ポンド(約17億6千万円)を資金調達しました。

WaveOpticsの新ARグラスには、ディフラクションウェーブガイドという技術が採用されています。ディフラクションウェーブガイドは、光学的な形状やサイズを問わずに、フルカラーのイメージと周辺視野角の表示を実現できるナノスケールの技術です。WaveOpticsによると、この技術により新ARグラスは「卓越した視野」を獲得したとのことです。

WaveOpticsが発表しているAR用レンズ「Phlox 40」が、ディフラクションウェーブガイドを採用しており、今回の提携で生産されるAR用レンズと推測されます。「Phlox 40」は、アスペクト比16:9、視野角40度の視界を提供します。これはMicroSoft HoloLensやMagicLeap Oneに搭載されているAR用レンズと同等の性能です、

WaveOpticsは、今回の提携により新ARグラスの発売の目途が立ったと発表しました。発売は2019年。予定価格は600ドル(約68.000円)です。

WaveOpticsのパートナーとなったGoertekは、これまでVR関連の製造事業を手がけてきました。表にこそ出てきませんが、PlayStation VRなど主要なVRヘッドセットの生産を担当することで成長した企業です。今回の提携により、AR関連事業に本格的な参入を果たすこととなります。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


にじさんじの「鈴鹿詩子」、自身の”原点”となるオーディション時の音声を初公開

2018/12/06 11:00 VTuber 最新ニュース一覧

国産ARスマートグラス「AceReal One」ドコモらと販売パートナー契約

2018/12/06 11:00 業界動向