デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

360度VRカメラ「Vuze」新モデル 動画編集や防水機能強化

HumanEyes Technologiesは、ラスベガスで開催されていたCES 2018にて、VRカメラ「Vuze」のプロ・クリエイター向け上位モデル「The Vuze+ VR Camera」を発売することを発表しました。

立体視可能なVR用の360度カメラ

同社は2017年3月に視差のある立体的な360度画像の撮影ができるVRカメラ「Vuze」を発売。Vuzeは8つのフルHDカメラを利用することで実現した3次元の奥行きが特徴です。早くも上位モデルの登場となります。Vuzeと同じく、4Kの360度VR動画を撮影可能です。

編集機能を大幅バージョンアップ

今回のVuze+は前回モデルVuzeの発売から1年も立たない中での発表となりました。Vuze+の特徴はプロ・クリエイター向けの充実した編集機能とのことで、VRコンテンツの撮影、編集、共有に必要な一連のツールを搭載しています。

また編集機能の他にも、防水機能や音声キャプチャー機能も強化が行われており、ライブ放送機能を199ドルで追加することもできます。

さらに同社はVRコンテンツをホスティングや共有、ストリーミングするための新しいプラットフォーム『Humaneyes Zone』も公開しました。これは単純なハイパーリンクを介して誰でもVRコンテンツをホスト、ストリーミング、共有することを可能にしています。 「このサイトでは、技術知識やプログラミング知識がなくても、VRコンテンツを簡単かつ迅速に作成することができます」と説明しており、VRの普及を強力にサポートします。

新モデルは1,199ドル

Humaneyes TechnologiesのCEO、Shahar Bin-Nun氏は「VRカメラ市場は着実に成長していますが、ユーザーが真のVRを撮影できるカメラの選択肢はまだわずかしかありません」とコメントを発表し、同社の提供するカメラの性能の高さに付いて自信を覗かせています。新モデルは動画編集のプロやクリエーターに向けて1,199ドル(約14万円)で発売予定。発売時期は未定です。

(公式ページ)
https://vuze.camera/
(Humaneyes Zone)
https://vuze.camera/humaneyes-zone/

(参考)
Humaneyes Technologies Reveals The Vuze+ VR Camera At CES 2018 – VRFocus https://www.vrfocus.com/2018/01/humaneyes-technologies-reveals-the-vuze-vr-camera-at-ces-2018/

Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

SteamVRがOculus Dashに対応 Riftユーザーの最適化進む

2018/01/14 18:30 Oculus Rift

【Gear VR】1月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2018/01/14 18:30 ゲーム・アプリ