デイリーランキング

立体的に覗き込める「デジタル水槽」、環境省の施設に導入 「Looking Glass」を活用

活用事例

2020/07/13 19:05

Magic Leapの新CEOは現マイクロソフト役員、 SteamのVRデバイス利用状況調査が公開 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/13 08:00

ARグラス関連か? アップルのサプライヤーが「半透過型レンズ」試作中

業界動向

2020/07/13 11:30

VRフィットネス「BOXVR」開発元が750万ドル調達 新製品開発を加速

投資

2020/07/13 12:00

【最新版】VRってなに? 仕組みや活用事例も含め徹底解説

業界動向

2020/07/12 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRヘッドセットを衛生的に使うには? オフィスや展示会でも使える方法・アイテムを紹介

手軽にVRを体験できるVRヘッドセット。個人がVRゲームやアプリを楽しむだけではなく、法人・企業における研修や製品チェックなど、幅広く使われています。

梅雨や夏の時期、VRヘッドセットを使う上で気になるのが衛生面。特に企業の場合、展示会や社内チェックで複数の関係者に使用してもらうケースも。新型コロナウイルスが流行する昨今、VRヘッドセットの「汚れ」対策はひときわ重要になっています。

本記事ではVRヘッドセットを使うにあたり、衛生面で注意したいポイントから、各ヘッドセットごとのケア方法、事前に汚れを防ぐ方法や道具などを解説・紹介します。

目次

1.VRヘッドセットの衛生的に気になる点
2.VRヘッドセットを綺麗に扱うには?
2-1.Oculus製品(Go, Rift/Rift S, Quest)
2-2.VIVE製品(HTC VIVE/Pro, Cosmos)
2-3.INDEX(VALVE INDEX)
3.オフィスや体験会など、不特定多数の人が使うときのコツ
 ・事前に汚れを防ぐアイテムを使う
  3-1.VRカバー
  3-2.ニンジャマスク
 ・使うたびに汚れを拭く(デバイス別)
 ・定期的にメンテナンスを行う

VRヘッドセットの衛生的に気になる点

VRヘッドセットは体験のクオリティを上げるため、周囲の光が入らないように顔に密着させて使用します。したがって不特定多数の人が使用する場では、顔の脂や汗、化粧などがデバイスのゴムやクッション部分に付着してしまい、衛生的ではありません。レンズの汚れ(※指紋やほこりが付着)も体験の質に関わるため、清潔に扱いたいところです。

また、顔が密着するフェイスクッションに目がいきがちですが、頭頂部から後頭部を覆うヘッドバンドに脂や汗がつくこともあります。

VRヘッドセットを綺麗に扱うには?

では、VRヘッドセットはどう綺麗に扱えばよいのでしょうか? 各デバイスごとに、公式サイトや取扱説明書をベースにご紹介します。

Oculus製品(Go, Rift/Rift S, Quest)

Oculus公式サイトでは、Oculus製品(Go, Rift/Rift S, Quest)をクリーニングする際、以下のように推奨しています。

ヘッドセット:
・ヘッドセットの外側の汚れを取る場合は、乾いた布を使用します。
・ストラップや接顔パーツの汚れを取る場合は、研磨剤を含まない、殺菌作用のある布巾を使用します。アルコールや研磨剤を含む洗剤は使用しないでください。

レンズ:
・ヘッドセットのレンズの汚れを取る場合は、光学レンズ用の乾いたマイクロファイバー製の布を使用してください。液体や化学洗剤は使用しないでください。
・レンズの中心から円を描きながら外側に向かってゆっくりと拭いていきます。

Oculus サポート

なお、2020年3月にはフェイスブックがOculus製品のクリーニング方法を紹介しています。清掃の手順に加え、レンズ部分をアルコールで清掃するとレンズに傷が入り、正常にVRデバイスを使用できなくなるケースがあるとし、「レンズの汚れが頑固な場合には、濡らした布を使うことを推奨します」とコメントしています。

VRデバイスも清潔に。フェイスブックがOculus製品の"お掃除"解説 | Mogura VR

VRデバイスも清潔に。フェイスブックがOculus製品の"お掃除"解説 | Mogura VR

MoguraVR

VIVE製品(HTC VIVE/Pro, Cosmos)

VIVE公式サイトでは、VIVE製品(HTC VIVE/Pro, Cosmos)をクリーニングする際、以下のように推奨しています。

フェイスクッション:
1.フェイスクッションをお手入れする前に、まずフェイスクッションをヘッドセットから取り外してください。詳細は、フェイスクッションを交換するを参照してください。

2.フェイスクッションのお手入れをする際には、次のことに注意してください。
・滑らかな布を冷たい水で湿らせて、お手入れする箇所をやさしく拭きます。
・室温で空気乾燥します。乾燥機で乾燥させたり、アイロンをかけたり、直射日光に当てたりしないでください。
・こすったり、絞ったり、漂白したりしないでください。
・水に浸けたり、浸したりしないでください。

レンズ:
1.レンズを拭く時には、同梱されているクリーニングクロスを使用してください。
2.レンズの中心から外側に向かって、円を描くようにして拭いてください。
レンズを拭く際には、レンズを引っかいたり、ヘッドセットの他の部分を分解したりしないでください。

VIVE サポートセクション

INDEX(VALVE INDEX)

INDEXの販売元であるValveは、レンズのクリーニングについて付属のクリーニングクロスを使用を推奨。液体を使用する必要がある場合は、少量の水を使用し、他製品用の洗浄液は使用しないでください、としています。(参考:Indexヘッドセット トラブルシューティング

事前に汚れを防止するには?

「VRヘッドセットの汚れを事前に防ぎたい」という人は、下記の「VRカバー」「ニンジャマスク」がオススメです。これらを装着することで、不特定多数の人がVRを体験する場でも、ヘッドセットを綺麗に保つことができます。

VRカバー

VRカバーは、顔が接着するヘッドセットのクッション部分に被せることで、汗や脂などの汚れから保護する商品です。素材は綿100%、洗濯機で洗濯することもできます。2枚セットなので、片方を洗濯中でも、もう片方のカバーを使用できます。対応ヘッドセットは、Oculus Rift S、Oculus Quest、VALVE INDEXです。

Oculus Rift S用
Oculus Quest用
VALVE INDEX用

ニンジャマスク

ニンジャマスクは、顔に装着することで、ヘッドセットを汗や脂などの汚れから保護する商品です。装着後、ヘッドセットを正面から顔にあて、手で持って固定することで、マスクがずれずに装着できます。本商品は使い捨て用なので衛生的です。現行のほぼ全てのVRデバイスで使用可能です。

ニンジャマスク


患者のCTやMRIのデータをVR表示、医療関係者の理解深めるサービス

2020/06/16 12:00 活用事例

新型コロナ後にVTuberやアバターは増加した?調査レポートが公開

2020/06/16 12:00 VTuber 最新ニュース一覧