デイリーランキング

米陸軍、HoloLens 2活用のシステムを車両部隊でもテスト

活用事例

2022/01/19 12:30

日産が技能トレーニングに「HoloLens 2」活用、次世代のクルマづくりを加速

活用事例

2022/01/21 12:00

大日本印刷とGaudiyが提携、メタバースとファンエコノミーをつなぐビジネス創出目指す

メタバース

2022/01/20 19:10

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

業界動向

2021/12/29 19:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.22

メタバース

2022/01/19 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「VIVE Pro eye」フルキットが約15万円に値下げ、ビジネス向け新セットも

2020年3月2日、HTCはVRヘッドセット「VIVE Pro eye」フルキット版の値下げを発表しました。値下げ後の販売価格は1,400ドル(約15万円)。以前は1,600ドル(約17万円)でしたが、より購入しやすい価格となります。なお、この価格改定は日本国内において適用されていません(3月3日時点)。

「VIVE Pro Eye」は、PC接続型のVRヘッドセット「VIVE Pro」に視線追跡(アイトラッキング)機能を追加した機種です。レンズの周囲に複数配置されたセンサーにより、眼の動きや瞬きを認識。視線での操作や、アバターにおいてより自然な人物表現ができるほか、ーザーの視線データの取得・分析が可能です。

新“バンドル”もリリース

「VIVE Pro eye」の値下げと同時に、新バンドル(同梱版)として「Vive Pro Eye Office」と「Vive Pro Eye Office Arena Bundle」が発表されました。

「Vive Pro Eye Office」は、「VIVE Pro Eye」のフルキットに、ビジネス向けサービス「Vive Enterprise Business Warranty&Services」がセットになったパッケージ。「Vive Pro Eye Office Arena Bundle」は、この「Vive Pro Eye Office」に、追加で2つのSteamVR 2.0ベースステーションと20mのファイバーケーブルが付属するバンドルです。

「Vive Pro Eye Office」の価格は1,600ドル(約17万円)、「Vive Pro Eye Office Arena Bundle」は2,350ドル(約25万円)。両バンドルは、2020年の第2四半期に発売予定です。

HTC、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」新たに3機種を発表 | Mogura VR

HTC、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」新たに3機種を発表 | Mogura VR

MoguraVR

Mogura VR Storeで「VIVE Pro Eye」「VIVE Focus Plus」の法人向け販売を開始 | Mogura VR

Mogura VR Storeで「VIVE Pro Eye」「VIVE Focus Plus」の法人向け販売を開始 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

【ポケモンGO】3月のイベント詳細が発表 一部は延期・中止に

2020/03/03 18:00 ポケモンGO

VRホラーゲーム「Dreadhalls」が好調、Oculus Quest版で他プラットフォームを上回る

2020/03/03 18:00 Oculus Quest 最新情報
VR/AR/MR 用語集