デイリーランキング

VR触覚デバイスのexiiiが解散……製造業向け狙うも「牽引力足りず」

業界動向

2020/10/29 18:00

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

業界動向

2020/10/27 12:01

JVCケンウッドが「現実も見れる新型HMD」を開発中、シミュレーション関連に照準

業界動向

2020/10/29 12:10

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

テック

2020/10/28 19:30

ガラス大手のコーニングが提携、次世代ARデバイスに向け一歩

業界動向

2020/10/28 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Valve、VR部門に3割以上の人員を割き次のVRHMD開発へ

Valve社で開発に携わっているアラン・イェーツ氏は、アメリカのSNSサイト「reddit」に、「Valveは現在人材の約3分の1をVR部門に割いており、HTC Viveの次に出すであろう次世代のHMD開発に注力している」という旨の書き込みをしています。ソースとなるRedditの投稿はこちらから(英語)。

Valve VR

ValveのVR部門の成長

ValveはHTCと共同でVRHMD「HTC Vive」の開発や、世界最大のPCゲーム配信サイトSteamの運営を行っている企業です。前述の投稿をしたアラン・イェーツ氏は、現在このValveに勤務しており、HTC Viveのルームスケールトラッキングシステム「Lighthouse」の開発などに関わっています。

彼がValveに入社したのは、当時まだValveに在籍していたマイケル・アブラッシュ氏が、AR/VR技術の研究に着手したばかりの頃だったそうです。(マイケル・アブラッシュ氏は世界的プログラマー。現在はOculus VRに移籍し、チーフサイエンティストとして活躍しています。)

Valve VR

(HTC Viveの前身となるプロトタイプ。当時はValve社のみで開発していた。まだLighthouseシステムはないものの、当初からルームスケールのVRについて研究していたことがわかる。)

時は流れ、Oculusの登場から何度目かのVRのブームが到来します。アランは「状況はその時に比べて変わった。VRチームはすっかり大きくなりました。今では会社の3分の1はVRに関わっています」といった発言をしています。

ValveはVR専門の企業ではありません。先に述べたように世界最大のPCゲーム配信サイトであるSteamの運営をはじめ、様々なサービスを行っています。その企業がVR分野に人材の3割を充てているという事実は、なかなか興味深いようにも思えます。

HTC Viveの次に出る新しいVRHMD

先の発言に続いてアラン氏は、以下のように続けています。

「状況が変わったといっても、リーダー格の人たちはまだ残っています。いま世に出ているHTC Viveが完成に至るまで、我々は非常に難しい技術的問題にも直面しました。そのほとんどを見事に解決してきた、初期の頃から携わっているキーマンたちは、今でもVR部門におり、HTC Viveの次に出すことになる次世代のHMD開発に臨んでいます」

HTCとValveが贈る最初のハイエンド向けVRHMDのHTC Vive。出荷が開始されたのは2016年の4月とごく最近の出来事ですが、Valveはすでに次のステップへ進む意思を持っているようです。

解像度、視野角、リフレッシュレート・・・。次世代のVRHMDが解決しなければいけない課題は山のようにある現状ですが、VRの未来に期待したいところです。

(関連記事)
【インタビュー】「最高のVR体験をフルセットで提供できる」好調なHTC Viveについて訊いてみた – Mogura VR

(参考)
A Third of Valve is Now Working on VR and the Next Generation of Headsets – UploadVR
http://uploadvr.com/valve-third-vr/


カール・ツァイスのスマホVRデバイス「VR ONE Plus」が国内販売へ

2016/06/23 11:00 スマホVR

【インタビュー】いよいよ予約開始したPS VR。SIE吉田修平氏に話を訊いてみた

2016/06/23 11:00 業界動向