Home » チェコのVRヘッドセットメーカーVRgineers、ウクライナ空軍にVRパイロット訓練シミュレーターを寄贈


活用事例 2022.06.17

チェコのVRヘッドセットメーカーVRgineers、ウクライナ空軍にVRパイロット訓練シミュレーターを寄贈

2022年6月、チェコのVRヘッドセットメーカーVRgineersはウクライナ空軍にVRパイロットシミュレーター「Portable Trainer」を寄贈しました。戦闘機やヘリコプターのパイロットの訓練を迅速化・強化、さらに訓練用プラットフォーム移行時のコスト削減を可能とします。

チェコの軍事・企業向けVRヘッドセット開発企業、ウクライナに協力

2017年設立のVRgineersは、プロフェッショナルや軍事・企業向けのVRヘッドセット「XTAL」を開発。2022年1月には最新機種となるVRヘッドセット「XTAL 3 Virtual Reality」、MRヘッドセット「XTAL 3 Mixed Reality」を発表しています。

同社の訓練シミュレーターは、米国の中小企業技術革新研究プログラム(Small Business Innovation Research, SBIR)の一環として、米国空軍・海軍と協力のうえ開発されています。トレーニングやプロセスの効率化を目的として開発されており、このシミュレータは相互に接続して、マルチプレイヤーでの集団訓練を行うことも可能です。

VRgineersによれば、ウクライナのように、いわゆる「東側」の訓練方法や機器に依存してきた国の軍では近代化の必要性がより一層高まっています。ロシアのメーカーがスペアパーツの供給を打ち切ったことで、欧州の航空安全機関(EASA)の規制に基づき、ヨーロッパ全土で数機の救助機や輸送機が地上待機を余儀なくされている状況です。VRgineersはこのシミュレーターについて、「従来のドームシミュレータと比較して、非常に効果的なトレーニング技術を提供する最新のパイロットトレーニングソリューションを提供することができます」とコメントしています。

(参考)PRNewswire


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード