デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

テック

2019/07/18 11:45

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

テック

2019/07/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

UE4のアセットストア、クリエイター側の収益率引き上げを発表

ゲーム制作エンジン「Unreal Engine 4(UE4)」を提供するエピックゲームズは、アセットストア「UE4マーケットプレイス」の収益分配率を改変することを発表。今回の改変により、クリエイターの収益分配率が70%から88%に引き上げられました。

また、将来の売り上げに対してこの方針を実施するだけではなく、過去に遡り全てのマーケットプレイス販売者に払い戻しを行うとのことです。具体的には、2014年に「UE4 マーケットプレイス」が開始されて以降に行われた全販売に対して適用されます。

UE4は、VR制作にも使われている開発ツール。「UE4マーケットプレイス」は、UE4で使用できる3Dモデルやテクスチャー、音楽などのデジタルコンテンツなどのアセットを公開・販売できるストアです。エピックゲームズ社の開発したVRコンテンツ「Robo Recall」の制作にも使用されています。

Epic Games社のCEOであるTim Sweeney氏は、「マーケットプレイスの発展とアクションビルディングゲーム『フォートナイト』の成功の両方によって、エピックは膨大な量のデジタルコマースを展開できるようになりました。その結果得られたスケールメリットにより、アンリアルエンジンマーケットプレイスのコミュニティに蓄えを還元することが可能になりました。」とコメントしています。

(参考)エピックゲームズ 公式





新型MacBook Pro、外付けGPU「Blackmagic eGPU」でVR対応

2018/07/13 13:51 開発

「VTuberの仕組み」を解説 専門学校のオープンキャンパスにて

2018/07/13 13:51 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集