デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

目に入れるだけ、東京農工大学が「スマートコンタクトレンズ」を開発

東京農工大学は、目に装着して視界にデジタル情報を表示させる「スマートコンタクトレンズ」を開発しました。今後は表示デバイスや通信デバイスに関する研究者や眼科の医師などと協力し、実用化に向けて研究を進めるとのこと。


(スマートコンタクトレンズの構造)

本取組は国立大学法人東京農工大学大学院工学研究院先端電気電子部門の高木康博教授の研究グループによるもの。研究グループが研究した技術を応用することで、「コンタクトレンズに内蔵したディスプレイに表示したデジタル画像に対し、目が自然にピント合わせすることを可能にした」としています。


(実験の様子。現実空間に「AR」の文字を重ねて表示)

研究では物体から発せられる光の波面を立体表示させる技術を活用。離れた位置にある物体からの波面をコンタクトレンズ上に表示させることで、目が立体表示された物体にピントを合わせることが可能に。立体像は物体からの波面が再現されているため、目は実物と同じように立体像に対して自然にピント合わせできるとのことです。

注目が集まるスマートコンタクトレンズ開発

スマートコンタクトレンズ開発は今回の東京農工大学のほか、海外でも進んでいます。米スタートアップMojo Visionは、2020年に5,100万ドル(約54.6億円)を調達し、スマートコンタクトレンズの開発を進めるとして注目を集めました。

スマートコンタクトレンズ開発のMojo Vision、国内大手コンタクトレンズメーカーと提携 | Mogura VR

スマートコンタクトレンズ開発のMojo Vision、国内大手コンタクトレンズメーカーと提携 | Mogura VR

MoguraVR

自動で焦点を合わせる「スマートコンタクトレンズ」将来的にはARも | Mogura VR

自動で焦点を合わせる「スマートコンタクトレンズ」将来的にはARも | Mogura VR

MoguraVR

(参考)東京農工大学 プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

ソーシャルVRのRec Roomがユニコーン企業に、三井住友海上がVR研修導入 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2021/03/29 11:44 業界動向

「バーチャルハマスタ」第3弾開催 リアルと連動した演出に注目

2021/03/29 11:44 イベント情報