デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

設計データをVRに変換・一体型VRで閲覧するサービス 積木製作が提供

VRコンテンツ制作を手がける株式会社積木製作は、建設や製造業等の設計者向けに3Dデータを活用したVRプレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」を開発、サービス提供を開始しました。

Lenovoの一体型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」を使い、VR環境でモデルをあらゆる角度から確認できます。

3Dを覗きこんで確認、複数人での利用も可能

「VR CAD Viewer」は、PCを必要とせず、ワイヤレスで自由にプレイできるVRデバイスを使い、手軽に3Dデータを閲覧する事ができるシステムです。

デバイスにはLenovoの一体型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」を採用。Mirage Soloは、辺りを見回す頭部の動きだけでなく、ユーザーの前後左右、上下への移動を検知することが出来る6軸トラッキング(6DoF)をヘッドセット単体で実現しています。そのため、空間内を歩き回る、見上げる、近づく、覗きこむというデザイン確認に必要な動きが可能です。


VR体験者が見ている映像は外部ディスプレイに転送し、同じ映像を共有しながらプレゼンテーションを行うことができます。またVRヘッドセットを複数台用意することで、同一空間に一緒に入り、その場に一緒に存在しているような状況を実現します。
積木製作が3Dデータを受領してから、早ければ数日でVRへの変換が完了。意思決定の速度を損なうことなく設計内容の確認、共有が可能になります。

VR閲覧環境の構築には、総合情報構築システムのBIM(Building Information Modeling)データから意匠に関わる3Dモデルのみを抽出し、効率的に作業を行います。データの変換には、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのサービス「Unity BIM Importer」を利用。形状や仕上げ素材、照明の情報をそのままVRへと変換します。

竹中工務店にて採用中

大手建設会社の株式会社竹中工務店「学校法人慈恵大学 新外来棟(仮称)新築工事設計室」では既に本サービスを利用し、自社内でのデザイン確認、施主へのプレゼンテーションに活用しています。設計者が作成したBIMデータを活用し、本サービスにてスピーディーにVR化しています。

積木製作は設計者に継続的に利用してもらい、フィードバックを受けて本サービスの改良に繋げていく予定です。

(参考)
株式会社積木製作プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

ソーシャルVR「AltspaceVR」機能追加、コミュニティ活性化図る

2018/06/26 11:30 ゲーム・アプリ

学生対象にVR制作レクチャーの講義が実施中、美術・服飾系向けに

2018/06/26 11:30 学校教育
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集