デイリーランキング

視線追跡搭載の「VIVE Pro Eye」6月28日発売、中国発の“分離型”VRデバイス登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/06/24 08:00

ウェブで3Dモデルをグリグリ動かす グーグルがフォーマットやツールを発表

テック

2019/06/24 11:00

VIVE COSMOS、デザインが発表 トラッキング用のカメラは6基に

VIVE

2019/06/21 23:32

一体型VRヘッドセットの現状や将来性、開発のポイントを語るイベント デジハリで7月18日開催

業界動向

2019/06/24 12:00

KDDIがARクラウドのSturfeeと提携、来たるべきAR時代への布石か

業界動向

2019/06/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

設計データをVRに変換・一体型VRで閲覧するサービス 積木製作が提供

VRコンテンツ制作を手がける株式会社積木製作は、建設や製造業等の設計者向けに3Dデータを活用したVRプレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」を開発、サービス提供を開始しました。

Lenovoの一体型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」を使い、VR環境でモデルをあらゆる角度から確認できます。

3Dを覗きこんで確認、複数人での利用も可能

「VR CAD Viewer」は、PCを必要とせず、ワイヤレスで自由にプレイできるVRデバイスを使い、手軽に3Dデータを閲覧する事ができるシステムです。

デバイスにはLenovoの一体型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」を採用。Mirage Soloは、辺りを見回す頭部の動きだけでなく、ユーザーの前後左右、上下への移動を検知することが出来る6軸トラッキング(6DoF)をヘッドセット単体で実現しています。そのため、空間内を歩き回る、見上げる、近づく、覗きこむというデザイン確認に必要な動きが可能です。


VR体験者が見ている映像は外部ディスプレイに転送し、同じ映像を共有しながらプレゼンテーションを行うことができます。またVRヘッドセットを複数台用意することで、同一空間に一緒に入り、その場に一緒に存在しているような状況を実現します。
積木製作が3Dデータを受領してから、早ければ数日でVRへの変換が完了。意思決定の速度を損なうことなく設計内容の確認、共有が可能になります。

VR閲覧環境の構築には、総合情報構築システムのBIM(Building Information Modeling)データから意匠に関わる3Dモデルのみを抽出し、効率的に作業を行います。データの変換には、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのサービス「Unity BIM Importer」を利用。形状や仕上げ素材、照明の情報をそのままVRへと変換します。

竹中工務店にて採用中

大手建設会社の株式会社竹中工務店「学校法人慈恵大学 新外来棟(仮称)新築工事設計室」では既に本サービスを利用し、自社内でのデザイン確認、施主へのプレゼンテーションに活用しています。設計者が作成したBIMデータを活用し、本サービスにてスピーディーにVR化しています。

積木製作は設計者に継続的に利用してもらい、フィードバックを受けて本サービスの改良に繋げていく予定です。

(参考)
株式会社積木製作プレスリリース

ソーシャルVR「AltspaceVR」機能追加、コミュニティ活性化図る

2018/06/26 11:30 ゲーム・アプリ

学生対象にVR制作レクチャーの講義が実施中、美術・服飾系向けに

2018/06/26 11:30 学校教育