デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

VR上で「バーチャル学会」が開催、学術や開発者、クリエイターらの交流図る

セミナー・カンファ

2019/12/05 19:00

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

2023年のVR市場規模は148億ドル? 米調査会社がレポート発行

統計・データ

2019/12/05 19:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視覚と体感で「VR労災体験」、安全意識向上を 凸版印刷

凸版印刷株式会社は、VRで労働災害を疑似体験できる「巻き込まれ体感機 for VR」を開発しました。VRコンテンツと体感を組み合わせることで、より効果的な学習・安全意識向上を図ります。同社は「巻き込まれ体感機 for VR」を埼玉県のトッパン研修センターに設置、2019年8月より本格稼働する予定です。

凸版印刷の「巻き込まれ体感機 for VR」は、印刷用のローラーに手が巻き込まれてしまうことの危険性を体感できるVRコンテンツです。VRヘッドセットで映し出される映像と体感の双方で体験するものとなっており、「ローラーに巻き込まれると自分の手はどうなってしまうのか」をVRで再現。安全な作業の重要性を、より効果的に学習してもらうことを目的としています。

https://www.youtube.com/watch?v=PeJj3QlL4q8

従来の安全教育では、ローラーに巻き込まれることの危険性や安全作業の重要性を説明し、理解させるまでには相応の時間を必要としていましたが、「巻き込まれ体感機 for VR」は約1分という短時間で学習できることが大きなメリットとなっています。

(参考)凸版印刷株式会社 プレスリリース

© Toppan Printing Co., Ltd.



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

大阪大学教授の協力のもと、VTuber響木アオとの“握手”の実現を目指す研究がスタート

2019/07/31 19:15 VTuber 最新ニュース一覧

中国メーカーOPPO、ARグラスのデモ展示 楽天による5Gイベントで

2019/07/31 19:15 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集