デイリーランキング

Magic Leap Oneの出荷台数は半年で6000台? 社は反論

業界動向

2019/12/09 12:15

ARをどう操作する?“指で挟む”コントローラーが登場

テック

2019/12/08 12:30

OculusのVR造形ツール「Medium」Adobeファミリーへ

業界動向

2019/12/08 11:30

超高解像度VR/ARの「XR-1」開発者版が発売、KDDIとNrealが開発プログラム発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/12/09 08:00

超高解像VR/ARヘッドセット「XR-1」、開発版が国内販売開始

業界動向

2019/12/06 19:32

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

法人向けARヘッドセット「X2」発売、価格は約21万円

AR/MRデバイス開発を手掛けるアメリカの企業ThirdEye Gen(ThirdEye)は、ARヘッドセット「X2」をリリースしました。「X2」は法人向けのデバイスとなっており、価格は1,950ドル(約21万円)です。

ThirdEyeによれば、同ヘッドセットは、世界最小サイズのARデバイスとのこと。ThirdEyeは予約注文分の「X2」について、2019年10月までに出荷を完了するとしています。

5Gにも対応

2016年に創業したThirdEyeは、これまでにARヘッドセット「X1」やAR関連ソフトウェアをリリースしています。2019年4月には5G活用に向け、米国の通信大手Verizonとのパートナーシップを締結しました。

「X2」の重量は約170gです。2枚の有機LEDディスプレイを搭載し、FOV(視野角)は42度となっています。ディスプレイ解像度は720pで60FPS(リフレッシュレートと思われる)に対応しています。同ARヘッドセットにはまた、1,300万画素のHDカメラと2つの広角カメラが搭載されています。

「X2」は専用のカスタマイズが行われたAndroidOSで動作します。同ARヘッドセット用のアプリストアも存在します。米メディアUploadVRによれば、次世代通信規格5Gにも対応しているとのこと。「X2」のトラッキングは、インサイドアウト形式の6DoF(※)です。

(※6DoF:デバイスの向きと位置情報の両方を認識するトラッキング)

デバイス概要

デバイス名

X2

開発元

ThirdEye

ディスプレイ解像度

720p(有機LEDディスプレイ2枚)

トラッキング

6DoF(インサイドアウト形式)

重さ

約170g

FOV(視野角)

42度

価格

1,950ドル(約21万円)

公式サイト

https://www.thirdeyegen.com/x2-smart-glasses-4/

米ベライゾン、世界最小をうたうMRデバイスメーカーと提携 5G活用へ

米ベライゾン、世界最小をうたうMRデバイスメーカーと提携 5G活用へ

MoguraVR

(参考)UploadVR



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

東京海上グループ、VR交通安全システムを開発 体験講習会を実施

2019/09/18 12:03 活用事例

フェイスブック、ARグラスで新たなリーク 複数機種を開発中、レイバンと提携か

2019/09/18 12:03 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集