デイリーランキング

米Mojoの「スマートコンタクトレンズ」に注目、新たな一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/27 08:00

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

マイクロソフト「HoloLens 2」、産業・軍事向けカスタマイズ版を発表

活用事例

2020/01/24 18:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

リコー、360度カメラ「THETA V」ユーザーのプラグイン開発支援を発表

株式会社リコーは、ワンショットで360度撮影ができるカメラ「RICOH THETA V」のプラグイン開発を支援する「RICOH THETA プラグイン パートナープログラム」を2018年春より開始します。また、ユーザーが開発したプラグインを共有できるプラットフォームを開設することを発表しました。

RICOH THETAは、スティック型のボディに2つのレンズが搭載された360度カメラです。スマートフォンアプリ用のアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)とソフトウェア・デベロップメント・キット(SDK)を公開しており、映像表現のツールとしても利用されています。

RICOH THETA Vは、新たにAndroidベースのオペレーションシステムを採用することにより、カメラ本体の機能をプラグインによって追加できる、自由度の高い拡張性を実現しています。既にプリインストールされているプラグインとして、撮影したカメラ本体内の映像データをテレビなどのモニターに360度で映し出せる「リモート再生」機能があります。同カメラの拡張ロードマップはこちらの記事で紹介しています。

RICOH THETA プラグイン パートナープログラムの参加者は、さまざまなプラグインの開発や使用用途に沿ったカスタマイズが可能になるとのことです。またリコーは、ユーザーが開発したプラグインを共有できるプラットフォームを提供するとともに、プラグイン開発の支援を行うとしています。

なお、リコーは2018年1月9日より米国ラスベガスで開催される、コンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2018」にてプラグイン開発を体験できるブースを出展しています。

(参考)
株式会社リコー ニュースリリース
http://jp.ricoh.com/release/2018/0109_1.html


Cerevo、VRシューズ「Taclim」一新 自分で触覚デバイスを作れるキットも

2018/01/09 11:27 クリエイティブツール

鏡の前に立つと服が変えられる アマゾンのARミラー特許が判明

2018/01/09 11:27 シミュレーション・接客
新規CTA