デイリーランキング

“PSVR2”はコントローラーにもカメラ搭載? Varjoの“人の眼レベル”超高解像度VRに新型登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/10/21 08:00

いまだCEOと接触できず Magic LeapとNreal、訴訟の行く末は

業界動向

2019/10/21 11:30

ダンロップが新規事業のアイデアを公募、VR/AR活用の案も募集

業界動向

2019/10/21 12:08

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

Oculus Quest、今後はどうなる? 期待の新要素まとめ

Oculus Quest

2019/10/05 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR開発のSynamon、ローランド・ベルガーの価値創造プログラムに選出

VR/ARソフトウェアの開発などを手がける株式会社Synamonは、欧州系コンサルティングファームの日本法人である株式会社ローランド・ベルガーが新たな価値創造の仕組みとして創設した「凄腕バンク」に、第1弾企業として選出されました。採択を通じて、エンタープライズ向けVRの持つ価値やその可能性をより多くの企業に届けることができるよう、取り組みを継続するとしています。

「凄腕バンク」とは

「凄腕バンク」は、ローランド・ベルガーが2016年より進めている”和ノベーション”という日本型のオープンイノベーションを加速させるための、新たな価値創造の仕組みです。主に、尖った技術やユニークな技を持つ日本のスタートアップが対象となっています。ローランド・ベルガーが流通機能を担い、スタートアップが持つ価値の社会実装を加速するのが目的です。

Synamonはビジネス向けVRに関する技術力の高さと実績が評価され、「凄腕バンク」における第1弾の企業として採択されました。

第1弾としてはSynamonnのほかCMF(Color Material Finish)デザインを手掛ける株式会社FEEL GOOD CREATIONが選出されました。ローランド・ベルガーは「凄腕バンク」のスタートアップを順次増やし、年内には10社程度を選出する予定です。

様々な日本企業に価値を提供していく

Synamonは、VR空間構築ソリューション「NEUTRANS」の開発、提供を行っています。マルチデバイスに対応しており、オンライン接続で複数のユーザーが同時に利用できます。これらのシステムを活かした主な用途として、遠隔地のメンバーと会議ができる「VR会議室」や、コンテンツや3Dモデルを設置しての「VRショールーム」としての使用が挙げられます。

なお、ビジネス向け新サービス「NEUTRANS BIZ」のデモは、6月以降、ローランド・ベルガーのデジタルルームにて体験可能です。

今後はSynamonが持つエンタープライズ向けのVR技術と、ローランド・ベルガーが保有する流通機能やコンサルティングの経験を組み合わせていきます。そして、ローランド・ベルガーのクライアントに留まらず、様々な日本企業に新たな価値を届けることを共に目指すとしています。

(参考)株式会社Synamon プレスリリース株式会社ローランド・ベルガープレス リリース


グリーが企業向けにVR活用ソリューション「XTELE」を提供開始

2018/06/27 17:30 業界動向

中国で薬物依存回復にVR、視線追跡機能で依存度や原因を調査

2018/06/27 17:30 話題

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集