デイリーランキング

Vuzixの「メガネそのもの」なスマートグラス、2022年1月からサンプル出荷予定

業界動向

2021/12/06 11:30

視線追跡や心拍センサー搭載のVRデバイス「Reverb G2 Omnicept Edition」日本発売へ

業界動向

2021/12/06 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.13

メタバース

2021/12/05 11:30

日本政策投資銀行がAR/VR・メタバース分野のレポートを公開、デジタルツイン開発のblackshark.aiが2,000万ドル調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/12/06 08:00

手や音声を使わず考えて操作できるARデバイスのCognixionが1,200万ドルの資金調達

投資

2021/12/06 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「宇宙×VR」のコンテンツ制作サービスが提供開始

合同会社Yspaceは、VRを用いた宇宙関連のサービス提供を開始します。VRを用いた宇宙コンテンツの制作やコンサルティングの受託、全国の科学館やシッピングモールなどの商業施設への販売を行い、集客力や顧客満足度の向上を目指します。

Yspaceでは宇宙のVRコンテンツを複数開発しており、未来の月面都市の体験や、宇宙でのスポーツ、宇宙旅行などを提供。体験者はゲーム感覚で楽しみつつ、宇宙に関する知識などを自然に身につけることが可能です。

科学的な根拠を盛り込んだ作品を制作

同社は、科学的な根拠を盛り込んだ作品の制作を目指しており、衛星データや解析結果をコンテンツの中に備えています。一例としてYspaceの「Yrinage Moon(槍投げムーン)」には、一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)との共同開発で制作された月の3D地表モデルが使用されています。

宇宙VRを企業や商業施設で活用

Yspaceではサービスとして、主にVRコンテンツの制作やコンサルティングの受託、VRコンテンツを利用したイベントや理科教室を開催しています。

本サービスの利用例について、3つの例が紹介されています。

宇宙関連企業や研究機関での利用例

宇宙開発のミッションやアイディアについてVRとして見せることで、より多くの人に理解をしてもらいやすくするとのこと。それにより、投資家からより多くの資金を調達する助けになったり、優秀な人材の獲得に繋がったりするとしています。

VR制作やエンターテインメントの企業での利用例

VR制作企業やエンターテインメントを提供する企業は、宇宙のコンテンツの制作や展開にあたりYspaceがコンサルティングやコンテンツの提供を行うことで、より魅力のある宇宙の体験を顧客に届けられるとしています。

科学館やショッピングモールなどの商業施設での利用例

科学館やショッピングモールなどの商業施設では、Yspaceによる宇宙のVRコンテンツを導入することで、集客力や顧客の満足度の向上を見込めるとのことです。

(参考)合同会社Yspace プレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

血みどろVR剣闘士アクション「GORN」正式配信へ

2019/07/11 19:30 ゲーム・アプリ

コミケの献血応援イベントが開催、献血でときのそら・夜空メルのポスターセットがプレゼント

2019/07/11 19:30 VTuber 最新ニュース一覧