デイリーランキング

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

テック

2019/07/18 11:45

ビッグデータとVRで“街の欲求”可視化、ヤフー・日建・東急らが取り組み

統計・データ

2019/07/16 19:30

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

テック

2019/07/17 18:00

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート

テック

2019/07/17 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

第二のVRChatなるか、新たなソーシャルVRサービスが1億円調達

映画「レディ・プレイヤー1」に登場する“オアシス”のような、大規模かつ多人数で参加できるVR空間を作ろうと、様々な企業が取り組んでいます。

ソーシャルVRサービス「Somnium Space」を手掛けるSomnium Space社は、100万ドル(約1億円)の資金調達を行いました。同社は今回調達した資金をもとにサービス開発を行います。

Somnium Space社は2017年創業。翌年には「Somnium Space」開発のためクラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を行い、20万ドル(約2,200万円)以上を調達しました。

好きに物作りや建設ができる、現在アーリーアクセス中

「Somnium Space」は2018年9月にアーリーアクセス版がリリースされています。本サービスの特徴は「VR世界で自由に物作りができる」という点で、プレイヤーは購入した土地に学校や映画館、公園などを好きなように構築・建設することが出来ます。2019年5月現在もアーリーアクセス状態が継続されており、Steamから無料でダウンロードできます。

「Somnium Space」の対応VRヘッドセットは、Oculus Rift、HTC VIVE、Windows Mixed Reality系ヘッドセット(※)。Somnium Space社によると、2019年夏のリリースを目標としてOculus Go版の開発を進めているほか、2019年後半にOculus Quest版も配信開始予定とのこと。また、「Somnium Space」は、2Dモードにも対応しており、VRヘッドセットを保有しない人でもプレイ可能となっています。

米メディアVRfocusによると、「Somnium Space」内では毎週、あるいは毎月といったスケジュールでイベントが催されており、ボーリング大会やカンファレンス、ミュージシャンLuke’s Reynolds氏のライブパフォーマンスなどが過去に開催されています。

関係者からのコメント

今回の資金調達の成功について、Somnium Space社の創業者でCEOのArtur Sychov氏は以下のようにコメントしています。

今回の資金調達の成功は、我々に「Somnium Space」内により多くの要素を、より早く実装することを可能としてくれます。私自身は、ソーシャルVRの明るい未来をこれまで以上に信じています。我々はこのビジョンを可能な限り早期に実現するため、全力を注いでいきます。

https://www.youtube.com/watch?v=nXtNDqA2paM

(参考)VRfocus
Mogura VRはVRfocusのパートナーメディアです。





北朝鮮、NYの上空、融けゆく氷河……CNNがVRドキュメンタリーを続々配信中

2019/05/13 12:24 VR動画

VTuber専用配信サービス「Colon:」、個人勢VTuberの配信も可能に

2019/05/13 12:24 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集