デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARアシスタントが変えるコミュニケーション 目指すはSkype超え

サンフランシスコに本社をおくAR開発スタートアップ企業Scope ARは、ARオンラインビデオ通話プラットホームを提供しています。

Skypeを超えるコミュニケーションツールへ

Scope ARが提供しているのはマイクロソフトのMRデバイスHoloLensとiOSやAndroid等の端末間で利用できるARオンラインビデオ通話アプリケーションです。

このアプリではHoloLensに搭載されたカメラからの映像をタブレット上に表示します。その後、映像を見た人が、映像に対して矢印や円などもマーカーを描くと、HoloLensを装着した人の視界にも円や矢印が共有されます。共有された円や矢印はHoloLensの空間マッピング技術を通じて、その場に固定されます。HoloLensを装着した人はマーカーを見ながら作業を進めることができます。

今までは音声のみでしか指示を与えられなかったケースでも、従来の音声に加えて、矢印などのマーカーによって、より直感的かつ正確に指示を与えるようになりました。

大手企業でも続々と導入

Scope ARはボーイング、トヨタ、ロッキード・マーティン、GEなど世界中の大手企業で続々と導入が進められています。特に製造業との相性がよく、工場内で複雑な機械の問題に遭遇した技術者は、専門の知識を持つ遠隔地のベテランに問題を直接示し、指示をえることができます。

また、汚染やセキュリティ制限などによって、現場に派遣する人数を最小限にとどめたいというケースでも、このアプリケーションは強みを発揮します。

https://www.youtube.com/watch?v=GFhpAe10qnk

生産性向上への期待

Scope ARは、機械や装置、専門家の移動コスト削減に力を発揮しています。問題の場所や修理が必要な場所に社員を派遣することなく、専門知識を活用できるようになりました。

Scope ARの共同創業者兼CEOであるモンゴメリー氏は「Scope ARのより明快で直感的な指示により、エラーが少なくなり、生産性が向上し、収益が向上します」と述べています。同氏によると、 場合によっては、伝統的な紙の指示を使用して同じ手順を完了した作業者と比較して、時間を25%も節約することもできるそうです。

このようにARアシスタントがビジネスの現場のコラボレーションを促進して行くことに期待が高まります。

(Scope AR公式サイト)
https://www.scopear.com/

(参考)
How This Remote AR Assistance App Wants to Transform Business – VRScout https://vrscout.com/news/remote-ar-assistance-app-wants-transform-business/

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

VR内への広告配信サービス・事例4選

2017/12/29 14:00 活用事例

【PSVR】『FGO VR』体験会 国内各地のイベントで実施

2017/12/29 14:00 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集