デイリーランキング

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Riftの無償リペアキット公開

Oculus Rift

2019/02/20 11:31

“人の眼”レベルのVRを目指すVarjo、VRヘッドセットVR-1発売 価格は6,000ドル

業界動向

2019/02/20 09:20

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

5KのリアルなVRで安全訓練、3社が安全教育用VR開発

ソフトウェア企業の株式会社ACCESSと、建機レンタルの株式会社アクティオは、建設現場の安全教育・安全訓練のための新VRシステム「Safety Training System VR of AKTIO」を開発しました。

「建設現場の安全訓練用5K対応VRシステム」と銘打ったこのシステムは、5K解像度のリアルな映像で危険を、安全かつリアルに体感することができる VRシステムです。

ヘッドセットには5K解像度を誇るStarVRを採用、コンテンツ開発には株式会社BeRISEが協力しています。

開発の経緯

建設業の労働災害での死亡者数はここ数年減少傾向でしたが、2017 年は増加に転じるなど、まだまだ事故は絶えません。未然防⽌策として、作業場の不安全⾏動や危険について座学を中⼼に教育が⾏われています。しかし座学では実感が薄く、⾝につきにくいという課題がありました。

この課題解決を⽬指し、ACCESSとアクティオは協業を開始。今回発表された「Safety Training System VR of AKTIO」は、ビーライズの3DCG技術とStarVRのVR技術を採り⼊れています。5K解像度のスーパーリアル映像で“危険を、安全にリアルに体感する“ことができる VR システムとシナリオを開発しました。

StarVRが実現するスーパーリアル映像で事故を疑似体験

これまでの主流の VR では視野⾓が 110 度程度しかないため、没⼊感が薄い、“VR 酔い”が発⽣するなど、安全訓練、安全教育に使⽤するには課題があったと言います。そこで今回のシステムでは、5Kの有機ELディスプレーに210 度の視野⾓を搭載したStarVRを採⽤し、酔いがなく、リアルな映像による圧倒的な没⼊感を実現しました。

シナリオでは、建設業の労働災害で最も⾼い割合を占める⾼所作業からの墜落事故を想定 したものを取り上げ、“恐ろしい事故を疑似体験”します。これにより、現場で不安全⾏動をとらないよう安全意識を⾝につける内容を⽬指しています。
シナリオの種類については順次開発予定です。

サービス概要

サービス名称

 「Safety Training System VR of AKTIO」

使用機器

VRヘッドセットStarVR、ヘッドフォン、PC、専⽤カメラ×2 台、三脚

提供価格(予定)

30万円/3日間(税別)

サービス開始予定日

2018 年 7 ⽉ 2 ⽇

(参考)株式会社アクティオ株式会社ACCESS


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

中絶反対進めるトランプ政権に対抗、米国の医療団体がVR活用

2018/04/23 11:30 話題

NHK、羽生結弦選手の祝賀パレードの360度動画公開 10万人超のファンが歓声

2018/04/23 11:30 VR動画