デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

株式会社リコーは、ビジネス・開発者向けに360度コンテンツを活用したソリューション・サービスを統合したポータルサイト「RICOH360」を公開しました。Webや実店舗での集客や、システム開発のツールとして利用が可能です。

リコーは2013年にワンショットで動画・静止画を撮影できる360度カメラ「RICOH THETA」を発売。ビジネス向けには、Webサイト内に360度コンテンツを表示する「THETA 360.biz」をはじめ、各種のソリューションを不動産、観光宿泊、ウエディングなど様々な分野へ提供しています。

「RICOH360」では、リコーが提供する360度コンテンツを活用した各種サービスを導入するための“玄関”としての役割を担います。「これまで同社が蓄積した360度の画像・映像データやログデータと、独自のデータ処理技術によって、360度ならではの価値を提供する」としています。今後は導入事例をわかりやすく紹介するコンテンツを追加予定、導入検討中の企業に対して最適なソリューションの提供を実現するとのこと。

RICOH360で提供するサービスは以下の通りです。

・「THETA 360.biz」
高品質な360度のコンテンツを誰でも簡単に作成可能。Webサイト、SNS、チラシ等のオンライン・オフライン広告への活用でマーケティングのパフォーマンスを向上させるサービス。

・「RICOH360 – Ad」
RICOH THETAで撮影した360度のイメージを活用したWebバナー広告。独自のAI技術が、データに基づいて広告素材を分析し、人の目をひきやすいクリエイティブを生成するサービス。

・「RICOH360 – VRステージング」
リアリティを追求した家具や小物などのCGを仮想的に配置して360度の空間を演出するサービス。

・「RICOH360 – Analysis」
「POPの集客効果はあった?」「どの展示が人気?」など、店内やイベント会場での来場者の行動を“見える化”し、今まで感覚的に把握していたことを数値化させるサービス。

・「RICOH360 – VR Presenter」
店舗の来店者にVR体験を提供。VRゴーグルで閲覧している360度の映像を接客担当者も同時に閲覧が可能なサービス。

・「RICOH360 – Snap」
RICOH THETAで撮影した画像をオリジナルの文字やスタンプで装飾し、カードや多面体に印刷。多面体を組立てて、思い出を360度の立体で楽しむことができるサービス。

・「RICOH Developer Connection」
画像・映像を活用するアプリケーション開発者のためのプラットフォームサービス。リコーが提供するSDKやAPIを活用することで、RICOH THETA/一眼レスカメラ/クラウドを活用するアプリケーションを開発できるサービス。

・「RICOH R Development Kit」
360度の全天球映像を、24時間ライブストリーミングできる全天球カメラ。工場の管理・監督やイベント等のライブストリーミングになど、様々な場面で利用可能なサービス。

(参考)株式会社リコー  プレスリリース

【PSVR】ハリウッド俳優が多数声優出演、高評価のVRアニメ「Crow: The Legend」が無料配信

2019/02/15 19:00 VR動画

【PSVR】あの恐怖を大画面で……「貞子3D」がシアタールームVRにて配信開始

2019/02/15 19:00 PlayStation VR(PSVR)