デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

リコーが自社ショールームにVRプレゼンツールを導入 さらなる価値の向上を目指す

株式会社リコーは、リコーの製品などを体験できる商談スペース「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE Tokyo(RICOH BIL Tokyo)」にVRプレゼンテーションツールを導入しました。RICOH BIL Tokyoに来場した顧客に対し、VRでの情報を加えることで、対面でのコミュニケーションの価値を高めることを目指します。

RICOH BIL Tokyoは、2018年に東京・田町にて設立された、リコーの技術やサービスを体験できる商談スペースです。今回リコーはVRプレゼンテーションツールを導入し、VR空間にRICOH BIL Tokyoを再現。来場した顧客に対し、リコー製品の3Dモデルの表示や大画面のスライドでプレゼンを行うことで、ディスカッションの誘発やアイデア創発を促進させる、とのこと。

今回導入されるVRプレゼンテーションツールは、VR開発で知られる株式会社ハシラスの「キネトスケイプ。「キネトスケイプ」は、同社が長年続けてきたVRアトラクション開発の知見を活かしたツールで、オフサイトで複数人でVR空間に3Dモデル化されたプロダクトを手に取って様々な方向から見たり、建築物であれば内部に入って設計を確認したりなどができるツールです。スライド資料や口頭の説明だけでは伝えきれない、情報を体験として伝えることが可能です。今回のショールーム設計には、同じくVRアトラクション向けのコンテンツ開発を行ってきたダイナモピクチャーズも強力しています。

ハシラスが「キネトスケイプ」発表、これまでの取り組みが活きたVRプレゼンツール | Mogura VR

ハシラスが「キネトスケイプ」発表、これまでの取り組みが活きたVRプレゼンツール | Mogura VR

MoguraVR

今後リコーは、VRプレゼンテーションツールの活用領域をさまざまな業種へ拡げ、新たなソリューションとして提供することを目指すとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=Ri-C0XcUJg0

(参考)株式会社リコー プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

名古屋市立大学 バーチャルゼミ室をVRChatに設立 研究成果などを公開

2021/03/19 11:30 話題

HTCの「VIVEフェイシャルトラッカー」、他VRヘッドセットでも“非公式に”使えると判明

2021/03/19 11:30 HTC VIVE シリーズ 最新情報