デイリーランキング

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

VRストリーミング配信のNextVR、従業員の大規模なレイオフへ

業界動向

2019/01/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スウェーデンの実力派VR/ARゲームスタジオが約8億円調達

スウェーデンを拠点としVR/ARゲーム開発を行うResolution Gamesは、シリーズBラウンドで750万ドル(約8.4億円)の資金調達を行ったことを発表しました。一体型VRヘッドセットOculus Questの登場等で盛り上がりを予感させる市場に対し、事業規模を拡大するとしています。

人気釣りゲーム等を開発したコンテンツスタジオ

Resolution Gamesは、世界的に人気を博したゲーム「キャンディクラッシュサーガ」シリーズの制作に携わったクリエイターらが設立したVRコンテンツスタジオです。これまで釣りゲーム「Bait!」、様々なミニゲームを遊べる「Wonderglade」等のタイトルをリリースしてきました。

また直近では、MRデバイスMagic Leap One向けに「Angry Birds FPS:First Person Slingshot」を配信開始しました。

AR版「アングリーバード」Magic Leap One向け配信へ

AR版「アングリーバード」Magic Leap One向け配信へ

MoguraVR

累計調達額は約15億円に

今回の出資に参加したのは、Sisu Game Venturesといった複数のベンチャーキャピタル、Unity創業メンバーのDavid Helgason氏ら個人投資家です。Resolution Gamesは2015年にもシリーズAラウンドで600万ドルの資金調達を行っており、累計調達額は1,350万ドル(約15億円)に上ります。

Resolution GamesのCEO、Tommy Palm(トミー・パーム)氏は今回の資金調達について「これらの投資家チームがバックにつくことで、我々は規模を拡大し、成熟した市場でも優位に立つことができます」と話しています。

そして、「当社のタイトルは業界から注目を集めています。またOculus Questのような楽しみな新しいプラットフォームも登場しており、プレイヤーの増加やマルチプレイヤー市場が実現すると予想します。非常に楽しみな時です」と今後への期待を示しています。

PSVRで“自分だけの写真展”を制作、学生向けワークショップ開催

2018/10/24 11:00 PlayStation VR(PSVR)

メガネそのものなスマートグラス「Focals」Alexaとも連携

2018/10/24 11:00 AR/MR