デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クアルコム、5.7K画質のコンシューマー向け360度カメラモデルを発表

半導体メーカーのクアルコムは、360度カメラのリファレンスデザインを発表しました。同社の新型チップQCS605を搭載し、カメラ搭載のスティッチングで最大4K/60fps、5.7K/30fpsの動画解像度を実現しています。

このカメラは「クアルコムVR360」と仮の名称がつけられており、中国のAltek社と共同で制作されました。外見はリコーのThetaによく似ています。

製品のリリースはまだですが、内蔵されているスティッチング機能で最大4K/60fps、5.7K/30fpsの解像度が実現されるのは、コンシューマー向けの360度カメラとしては初となります。発表時点で解像度5.7K/30fpsのコンシューマー向け360度カメラは、「Garmin Virb 360」とYi Technology社の「Yi 360 VR」だけです。さらにいずれも4K画質/60fpsは実現していません。

なお、4K画質/60fpsのコンシューマー向け360度カメラにはHumanEyes Technologiesの「Vuze」や「Vuze+」が挙げられます。ただしこれまでに挙げたいずれも、最大解像度でのインカメラスティッチングはサポートしていません。

価格などの詳細は不明ですが、新型チップ搭載製品の登場が待ち望まれます。

(参考)360 Rumors


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

危機に瀕する史跡を3Dスキャンして保存 グーグルらが新プロジェクト

2018/04/17 20:00 テック

VTuber月ノ美兎など所属の「にじさんじ」公式サイトオープン

2018/04/17 20:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集