デイリーランキング

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」へ正式対応、独自SDKのサポートは2022年8月末で終了へ

開発

2021/07/29 18:30

東京都が「デジタルツイン」プロジェクトサイト開設、ブラウザから使える3Dビューア機能も

業界動向

2021/07/30 19:30

VRやARを日常に。体験シーンのUXを考えるデザインラボ「UxR Lab」開設

業界動向

2021/07/30 19:00

最近話題の「メタバース」ってなに? 言葉の意味から業界動向まで解説

テック

2021/07/07 15:00

PFNが指先の向きまで認識できる3D姿勢推定技術を開発、協業先を募集

テック

2021/07/30 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アドビの新技術『SonicScape』360度動画に音を空間配置

10月19日にラスベガスにて開催されたAdobe MAXカンファレンスにて、アドビが開発するVR動画編集技術のプロトタイプ『Project SonicScape』が発表されました。これは直感的な操作によって360度動画に様々なサウンドを配置できる機能です。

アドビは毎年開催するAdobe MAXカンファレンスにおいて、同社が開発する新技術のプロトタイプを発表するコーナー『Sneaks』を開催しています。今年の『Sneaks』で発表された技術には360度動画編集に関するものが複数発表されました。

360度動画に立体音響を配置できる『Project SonicScape』

『Project SonicScape』は、直感的な操作によってサウンドデータを360度映像内に配置できる機能です。サウンドは泡状のアイコンとなって表示され、映像内の好みの位置に配置することができます。操作はクリックとドラッグによって簡単に行うことができるので、立体音響に対応した360度映像の制作が従来よりも容易になります。

https://www.youtube.com/watch?v=grR9DutbMO4

この技術はアドビが開発中のプロトタイプとして紹介されたもので、実際の製品に実装される予定に関しては未定です。『Sneaks』ではこの他、360度映像に奥行き感をもたらす『Project Sidewinder』などの360度動画編集技術を発表しています。

同カンファレンスではアドビの動画編集ソフト『Premire Pro』の新機能『CloverVR』がリリースされました。これはVRヘッドセットを装着したまま360度動画編集を行うことができる新機能です。『CloverVR』はアドビのクリエイティブプラットフォーム『Adobe Creative Cloud』に登録して使用することができます。

(参考)
UploadVR / Adobe’s Project SonicScape Visualizes Audio For Easier 360 Editing(英語)
https://uploadvr.com/adobes-project-sonicscape-visualizes-audio-easier-360-editing/


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

自分の顔がアバターに 2人でオバケ退治『ようこそパニックマンションへVR』

2017/10/22 19:30 イベント情報

スマホVRは壁を乗り越えられるか AR技術が鍵に

2017/10/22 19:30 テック