デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

4K対応・軽量の新型360度カメラ「OMNI shot」 約72,000円

株式会社エレコムは、4K対応の360度カメラ「OMNI shot」を発表しました。価格は72,738 (税込)。発売は近日とのことです。

OMNI shotは、2000万画素COMSセンサー2基を搭載し、全方位360度の撮影できる4K対応360度カメラです。重量は約76g。リコーの360度カメラ「RICOH THETA SC」の約102g、「RICOH THETA V」の約121gと比べると比較的軽量な設計となっています。

動画は4K(3840×1920)/30fpsに対応、静止画は24.5M相当(7008×3504)での撮影可能です。同製品は「JIS防水保護等級4(IPX4)」相当の防水性能を備えています。

また、WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影機能を搭載し、黒つぶれ・白とびを防ぎ、美しく自然な色合いで撮影可能とのことです。撮影画像はmicroSDHCカードに保存可能です。

同製品は専用アプリ『OMNI shot』(iOS/Android)を使用することで、スマートフォンから撮影の開始/停止、撮影画像の確認などが行えます。そのほかにも、撮影した画像をLINEやFacebookなどに共有したり、YouTubeで360度動画のライブ配信を行ったり、といったことが可能です。

製品の仕様

製品名

OMNI shot(OCAM-VRW01BK)

対応OS

Android 5.0以降、iOS 9.0以降

センサー総画素数

2114万画素×2

静止画 記録画素数

24.5M(7008×3504)

動画 記録画素数

4K(3840×1920)、2K(1920×960)

ライブストリーミング 出力画素数

1440×720/30fps

撮影ファイル形式

静止画:JPEG、動画:MP4(H.264)

撮影モード

静止画、動画、タイムラプス、ライブストリーミング

防水性能

IPX4

シャッタースピード

オート(静止画:1/8000~1/4sec、動画:1/12000~1/30sec)

カメラ本体インターフェイス

microSDスロット、USB(micro-B)メス

充電時間

約2時間

外形寸法

幅35.0mm×奥行34.8mm×高さ97.0mm

質量

約76g

(参考)
エレコム株式会社 製品情報ページ
http://www2.elecom.co.jp/products/OCAM-VRW01BK.html


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

VRプラネタリウム 宇宙空間を自分の足で歩く体験

2017/12/12 18:15 イベント情報

コーエーテクモの新型VRマシン 全国32店舗で12月21日稼働

2017/12/12 18:15 イベント情報
VR/AR/MR 用語集