デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

ファーウェイが独自のARナビ開発中 Googleマップに対抗か

AR/MR

2019/08/23 17:50

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

ARグラスをかけて試合観戦 バスケ日本代表戦で5G使い先行体験

AR/MR

2019/08/24 19:30

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRヘッドセット向けMagsafe?Oculusから特許出願

FacebookがPC向けVRヘッドセットOculus Rift関連と考えられる特許を新たに出願していたことが明らかになりました。磁気式コネクターが採用された、PCとVRヘッドセットを繋ぐための接続ケーブルに関するものです。磁気式コネクターにより、安全性を高めVR体験により没入できるようになる、としています。

磁気式のメリット

この特許は2017年4月に出願され、2018年10月に公開されました。特許本文は、米国特許商標庁のサイトにて確認できます。

このケーブルは、以前Appleが販売していたMacbook用の電源コード「Magsafe」と類似する仕組みを有していると推測されます。

Magsafeは、コネクター部分に磁気接続が採用されており、十分な保持力は持ちつつも、強い力が加わった際にはケーブルが外れることで、デバイスを保護する仕組みとなっています。

現行のUSBやHDMIケーブルを使用するPC-VR間の接続では、ケーブルに強い衝撃が加わった際、ヘッドセットが頭から外れたり繋いでいたPCが所定位置から動いてしまうなど、思わぬ事故が起きる場合があります。こういった事例から生じる、器物損壊や使用者のケガの危険性なども指摘されています。

今回の新特許は、そのような問題の解消を目指したものであると考えられます。

ハイエンドVRのボトルネック「ケーブル」

PC等と接続するハイエンドなVRヘッドセットの接続用ケーブルは常に課題です
。先述した事故面の問題のほかにも、有線接続では没入感を損なったり、動きの制約が生じたりするからです。

無線でVRヘッドセットとPCを繋ぐワイヤレスアダプターは登場していますが、一部機種(HTC Viveのみ)の対応となるなど、使い勝手が良い状態ではありません。

PCやスマートフォンなどの周辺機器を必要としない、“一体型”のOculus QuestのようなVRヘッドセットも生まれつつありますが、グラフィックのクオリティはハイエンドのVRとは大きな差があります。

依然として、ハイエンドなVR体験のためにはPC等との接続と、そのための接続手段が不可欠です。今回出願されたケーブルも有線である以上、ケーブルが存在することによる問題は未だ存在しますが、少なくとも安全性については大幅な前進が見込めそうです。

なお、PCと接続するケーブルに関して、Oculusは、2018年7月にValveやNVIDIA、AMDなどと共同でUSB Type-Cコネクタのみで接続を可能にするVR接続の新規格「VirtualLink」を発表しています。

OculusやNVIDIAら業界5社、PC向けVRの新接続規格を発表 VR設定をシンプルに

OculusやNVIDIAら業界5社、PC向けVRの新接続規格を発表 VR設定をシンプルに

MoguraVR

2018年10月末には、OculusがRiftのマイナーアップデート版とされる「Rift S」を2019年に発売するかもしれない、との報道もありました。VirtualLinkや今回の磁気式ケーブルなど接続方法に関する技術の動向も気になるところです。

(参考)UploadVR


誘われて1割引 Oculus Goの紹介プログラム開始 対象は米国のみ

2018/11/21 19:00 Oculus Go

VR匂いデバイス「VAQSO VR」の開発者版が発売、999ドルで

2018/11/21 19:00 業界動向