デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

OculusのCTO、VRの現状には「満足していない」

業界動向

2019/11/13 19:00

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

業界動向

2019/11/12 19:30

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

セミナー・カンファ

2019/11/12 12:15

アップル製ARグラスは2023年発売か? 新VR/ARヘッドセット開発の情報も

業界動向

2019/11/13 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

MRグラス「NrealLight」日本の開発者に支援プログラムを提供

中国のスタートアップNreal Ltd.は、MRグラス「NrealLight」の開発者支援プログラム「Project Eve」を10月初旬より提供開始します。「Project Eve」は「NrealLight」のコンテンツやアプリケーションを開発する、日本国内の開発者が対象となっています。

「NrealLight」は、メガネ型の形状と88gという軽量さが特長のMRデバイスです。本体に搭載された4基のカメラで空間認識を行い、デジタルな物体や情報をまるでそこにあるかのように見ることができます。視野角は52度、SLAMや平面認識、画像認識を搭載しています。

今回の「Project Eve」は参加申請後に選考が行われ、選考通過者は「NrealLight」のテスト用サンプルの貸与やより迅速なテクニカルサポート、最新MR情報の提供を受けられます。プログラムへの参加申請サイトは後日公開される予定です。

開発者向けキットがアップデート

さらにNrealは6日、「NrealLight」のUnity開発者向けキット「NRSDK」のアップデートを実施しました。今回のアップデートにより、「NrealLight」本体がなくてもMRアプリケーションの開発が可能です。

今回更新された「NRSDK 1.1 Beta」のアップデート内容は以下の通りです。

エミュレータ(Emulator)

「NrealLight」の購入者は、本体到着を待たずともMRアプリケーションの開発を進めることができます。「NRSDK」をダウンロードし、Unity Editorの新しいエミュレータ機能を使うことで、本体がなくてもアプリケーションのテストが可能となり、アプリケーションを開発することができます。

マルチスレッドレンダリング(Multi-thread Rendering)

「NRSDK 1.1 Beta」では同時に複数のフレームをレンダリングすることができるマルチスレッドレンダリング機能が実装。待機時間を短縮して視覚体験を向上させるとのことです。

「NRSDK 1.0 Beta」のプログラム内容はこちら。

MRグラス「nreal light」SDK配布開始 日本語サイトが公開

MRグラス「nreal light」SDK配布開始 日本語サイトが公開

MoguraVR

(参考)Nreal Ltd. プレスリリース



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

VRADV「東京クロノス」新規プロジェクト、TGS2019にて発表へ

2019/09/09 19:00 イベント情報

カメラ1つで全身モーキャプも、プロ向けツール「VisionPose Single3D」発売

2019/09/09 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集