デイリーランキング

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

日本のメタバース・XR業界の動向を海外へ発信、英語圏向けオンラインイベント「XR Kaigi mini」が開催

セミナー

2021/11/26 12:00

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは今後3年間が重要」など、世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.10

メタバース

2021/11/22 19:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.11

メタバース

2021/11/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日本マイクロソフト、HoloLensの導入効果・活用方法カタログを公開

日本マイクロソフト株式会社は、法人向けMRソリューションをまとめた「Mixed Reality パートナー ソリューション カタログ」を公開しました。マイクロソフトのパートナー企業による各ソリューションの特徴、導入効果および活用シーンなどが掲載されています。

マイクロソフトは、2017年より企業が顧客に対してMRソリューションやMRデバイス「HoloLens 2」を用いたソリューションの提供を可能にする「Mixed Realityパートナープログラム」を展開しています。

今回公開された「Mixed Reality パートナー ソリューション カタログ」には、マイクロソフトのパートナー企業である12社の14のソリューションが掲載。掲載企業の業種は製造業から自動車業界、建設、教育、医療、サービス業、エンターテイメントなど様々です。

各企業のソリューションのほか、MRデバイス「HoloLens 2」の使用方法から、デバイス管理、MRビジネスアプリケーションの導入など、法人を対象とした導入支援サービスについても掲載されています。

本カタログに掲載されているMRソリューションをいくつかを紹介します。

株式会社インフォマティクス:GyroEye Holo

インフォマティクスの「GyroEye Holo」は、現実空間に原寸大の図面データを表示できるソリューション。設計CAD図面や3Dモデルデータなどをデータ変換し、HoloLens 2を介して1分の1スケールで現実空間に投影することができます。GyroEye Holo には、建設・土木やエンジニアリング、製造などの作業現場にて、すぐに業務に活用できる基本機能が搭載されているとのことです。

株式会社ホロラボ:mixpace (ミクスペース)

株式会社ホロラボの「mixpace」は、手軽に3DCADやBIMで作成したデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能なモデルに変換できる製造業・建設業向け可視化ソリューションです。2021年3月にはマイクロソフトの「Azure Remote Rendering」に対応し、HoloLens 2単体では難しい、1億ポリゴンクラスの3Dモデルの表示などが可能になりました。

建設・製造業の新スタンダードになるか?AR/MRソリューション「mixpace」担当者に聞く | Mogura VR

建設・製造業の新スタンダードになるか?AR/MRソリューション「mixpace」担当者に聞く | Mogura VR

MoguraVR

南国アールスタジオ株式会社:WHITEROOM

南国アールスタジオ株式会社の「WHITEROOM」は、MRを活用した遠隔会議ソリューションです。ユーザーは遠隔地からアバターとして会議に参加でき、3Dモデルやオフィスドキュメント、PDF、画像、動画などを共有しコミュニケーションできます。HoloLens 2のほか、iPadやiPhone、PCにも対応しており、どのデバイスからも同じ会議に参加可能です。

どこからでもアバターで参加 HoloLensを使ったMRミーティングが実用化へ | Mogura VR

どこからでもアバターで参加 HoloLensを使ったMRミーティングが実用化へ | Mogura VR

MoguraVR

カタログに掲載されている企業は以下の通りです。

・株式会社インフォマティクス(GyroEye Holo)
・株式会社ホロラボ(mixpace、TechniCapture、手放しマニュアル)
・南国アールスタジオ株式会社(WHITEROOM)
・DataMesh株式会社(DataMesh Director)
・株式会社アウトソーシングテクノロジー(AR匠)
・株式会社ナレッジコミュニケーション(ナレコムVR)
・株式会社ポケット・クエリーズ(QuantuMR)
・株式会社電通国際情報サービス(Mixed Reality in Factory)
・日本電気株式会社(Technology Experiment Program)
・株式会社ニコン・トリンブル(Trimble Connect for HoloLens)
・アバナード株式会社(Smart Engineering導入サービス)
・Taqtile(Manifest)

(参考)Microsoft Windows Blog


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

「スペースインベーダー」が現実にやってくる スマホ向けARゲーム化が決定

2021/03/22 12:00 ゲーム・アプリ

【ドラクエウォーク】“昨今の事情”で実施されていた、各種調整の終了日が発表

2021/03/22 12:00 ドラクエウォーク