デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

VR上で「バーチャル学会」が開催、学術や開発者、クリエイターらの交流図る

セミナー・カンファ

2019/12/05 19:00

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

2023年のVR市場規模は148億ドル? 米調査会社がレポート発行

統計・データ

2019/12/05 19:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

一体型VRヘッドセットMirage Solo、 法人向けに「VR火災避難」同梱モデルを販売開始

株式会社アスクは、レノボ・ジャパン株式会社が展開する一体型VRヘッドセット「Mirage Solo(ミラージュ・ソロ)」の法人向けモデルの新規取り扱いを開始しました。本モデルには、株式会社理経によるVR火災避難コンテンツがプリインストールされています。価格は76,500円(税別)。

「Mirage Solo」は、2018年5月11日にレノボ・ジャパン株式会社が国内向けに発売を開始した一体型VRヘッドセット。スマートフォンやPCを必要とせず、デバイス単体でVR体験が可能です。グーグルの技術である「World Sense」を採用し、外部センサーを置いていなくとも、前面のカメラを使って自分の位置を検出するポジショントラッキングを実現しています。

今回のモデルに搭載されているVR火災避難コンテンツは工場での火災を想定しており、
火災が発生し黒煙が充満する室内からの避難を体験するVRコンテンツです。煙が上の方に溜まった状況ではしゃがんで避難をしなければならないなど、火災避難時の要素を学ぶことができます。VRでの移動はコントローラー操作のほか、実際に歩いて体験可能なモードも用意されています。

アスクは「官公庁、地域社会や各企業、各種施設における避難訓練での活用を促進してゆく」としており、個別のコンテンツカスタマイズや新規製作の依頼も受け付けているとのこと。

(参考)株式会社アスク プレスリリース



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

SIEがオーディオツール「Wwise」のAudiokinetic社を買収

2019/01/09 15:00 業界動向

イケメンを“さらにイケメンにする”秘密、ジークレストの「王子様のささやき朗読 VR」

2019/01/09 15:00 ゲーム・アプリ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集