デイリーランキング

茨城県、VTuber起用で約2億4,000万円の効果

業界動向

2019/04/22 19:02

ニンテンドースイッチのVR Kitは「最初期から構想されていた」開発者がコメント

業界動向

2019/04/24 11:30

Oculus Riftが販売終了、F8でRift S発売の前触れか?

業界動向

2019/04/24 18:30

「自由に歩ける360度動画」、フォージビジョンが特許取得

活用事例

2019/04/24 19:00

テキサスのVR体験施設、運用開始から1ヵ月で約340万円の収益を達成

業界動向

2019/04/24 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

MRを用いて目指す倉庫作業の効率化

MR(複合現実)は産業用途でも注目されています。ジョージア工科大学の学生はマイクロソフト、アメリカの小売店ウォルマートと協力してMRを使った倉庫作業の効率化に取り組んでいます。

倉庫作業を効率化する「PickAR」システム

小売業界では、巨大な倉庫作業の効率化が課題となっています。アマゾンなどは倉庫の効率を上げるためロボットを活用しており、多額の投資が行われています。

ロボットは非常に高価で主に大きな荷物やパレットを運搬するのに用いられています。一方、個々の小さな荷物の運搬は依然として人が行っている状況。現在は、人が毎日8時間から12時間も倉庫を動き回って荷物をピックアップしています。

ジョージア工科大学の学生はこれらのプロセスをより効率化しようと、『PickAR』と呼ばれるMRデバイスHoloLens向けアプリケーションを開発し、プロセスを大幅に改善しようとしています。

PickARを開発したOculogx社にはすでにウォルマートなどの小売業者が強い関心を持っています。マイクロソフト社の学生技術起業家コンテストであるImagine Cupで優勝しました。

https://www.youtube.com/watch?v=JCEMDp7Fo3M

倉庫内の効率化に限定することでより効率的なシステムを実現

PickARでは、GPSのようなマッピングやルート検索、HoloLensでバーコードスキャン、チェックリスト管理などの機能をハンズフリーのインターフェースに統合しています。バーコードスキャナやクリップボードなどの手で持つ必要がある機器を使わずに、倉庫作業者が自由に両手を使って荷物を処理できます。

工業エンジニアリングが専門で、Oculogxの共同出資者であるCharu Thomas氏はPickARの利点について以下のように述べています。
「私たちの研究室では、声や、紙、タブレットを用いたピックアップシステムとヘッドセットを用いたピックアップシステムとを比べると、ヘッドセットシステムでピックアップする方の時間が37%短縮され、正確さも向上しました。」

彼女は、共同出資者のSarthak Srinivas氏とともに、Thad Starner(Google Glassの発明家)氏と会い、サプライチェーンの改善のためのMRアプリケーションについて話すうちに、倉庫作業の改善について興味を持ちました。


「最初は、一般的な地図アプリケーションを構築して、ある空間の地図を作り、その空間内のある場所から別の場所に移動するための指示を出したいと思っていました。 しかし、マイクロソフトの担当者などと話し合う内に、アプリケーションの範囲を倉庫に限定し、バーコードスキャニングや倉庫マッピングなどの機能を追加することで、ピッキングのプロセスの効率性向上することに注力しました。

Srinivas 氏は以前、ジョージア工科大学の別のMRラボで研究していた際、オーダーピッキングによる物流の研究をしていました。開催されたハッカソンの後、彼は実際の倉庫を訪問して実際にオーダーピッキングがどのように機能したかを調べました。一般的な倉庫で使用されているものとラボで作業していたものとの間の大きな技術的なギャップに気づきました。

Srinivas氏は、「7月のImagine Cup World Finals(コンテストの最終選考)に行くまでに、20件以上の倉庫を訪れ、アプリケーションに関する物流やサプライチェーンに関わる60人を超えるインタビューをしました」と話しています。

PickARシステムの実証実験を進めていくための施設を選定

PickARは今後も改善を進め、実際にテストを始めていきます。コンテストの審査員からのフィードバックで、実際の倉庫で製品を見た後、アトランタ地下鉄の本物の環境で、アプリを有償の実証実験を予定しています。 また、ウォルマートと協力して 、同社の過去のデータをシステムに入れ、現行の倉庫作業と比べ、Mixed Reality技術を使った場合どの程度時間が節約できるかのデータを提供しました。
Srinivas氏は、Oculogxの技術に関心を示しているヨーロッパ、アジア、オーストラリアのいくつかの施設から今後の実証実験を選んでいる段階だ、と言います。

Oculogxもウォルマートと協力し続けていますが、パートナーシップの次のフェーズの詳細についてはまだ開示していません。 学生が夏休みをフルに使って商品開発に取り組んでいることを考えると、Srinivas氏はPickARに焦点を当ててMR技術を使い、より賢く現実を認識し、効率を高め、お金を節約できるようなシステムを作ろうとしています。

(参考)
The HoloLens Application that Wants to Save eCommerce Retailers Millions / VRScout(英語)
https://vrscout.com/news/hololens-application-save-ecommerce-retailers-millions/

MoguraVRはVRScoutとパートナーシップを結んでいます。




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ASUS、VR対応ミニゲーミングPCを9月23日発売 税込208,000円

2017/09/14 11:30 テック

認知症患者の見る世界をVR体験 渋谷で福祉イベント開催

2017/09/14 11:30 イベント情報
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集