デイリーランキング

【ドラゴンクエストウォーク】上級職の“紹介クエスト”開催 2月末まで

ゲーム・アプリ

2020/01/26 12:00

名作VRアニメ2作品、Oculus Questでも無料で体験

VR動画

2020/01/26 13:00

「ウォーキング・デッド」VRゲーム、PSVR、Questに移植へ 日本語対応も告知

ゲーム・アプリ

2020/01/26 18:30

VTuber所属の事務所・プロジェクト・企業まとめ(2020年1月版)

VTuber

2020/01/26 19:45

セレブも続々投稿 ルーレット形式の“守護キャラ”フィルターが海外のインスタで流行中

AR/MR

2020/01/05 12:10

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

Magic Leap実機がブラジルのTV番組で使われる 動画はすでに削除

情報をほとんど表に出さないことで知られるMagic Leapのデバイスが、突如ブラジルのテレビ番組に登場しました。本拠地である米国ではなくブラジルの放送でデモが公開されたことは、驚きをもって受け止められています。

なお、すでにこのTV番組を録画したYouTube動画は削除されています。

“巨額の調達を繰り返す謎の企業”Magic Leap

Magic Leapは米・フロリダに本拠地を構え、現実にデジタルな情報や3Dモデルをまるで現実にあるかのように見せるMR(複合現実)デバイスを開発中です。同社はグーグルやアリババなどの大企業から累計23億ドル以上を調達し、世界中から注目を集めてきました。

また、Magic Leapは情報をほとんど表に出さないことで知られており、長らく“巨額の調達を繰り返す謎の企業”として扱われていましたが、2017年末にはようやくMagic Leap Oneという名称とデバイスの外見を、そして2018年3月のGDCでは開発用のSDKを公開しました。

W杯ロシア大会をイメージしたデモか

映像を見る限り、司会者が装着しているのは間違いなくMagic Leap Oneです。また腰には、バッテリーとプロセッサを内蔵した「Lightpack」と呼ばれるデバイスをつけている様子がうかがえます。デバイスのサイドには、デモ用だと示す白いラベルが貼られています。

残念ながら番組はポルトガル語で進行しており、すでにYouTube上の動画も削除されています。そのため詳しい内容は不明です。ARメディアNext Realityに残されたGIF画像からはアニメーションキャラクターが司会者の前で動く様子が見てとられます。2匹のクマ(ワールドカップロシア大会を意識したものと思われます)と、ブラジルのサッカープレイヤー、ネイマールを模したキャラクターが、画面中央でサッカーのように動いています。

資金調達が背景?販売開始に期待

これがMagic Leap Oneを通して見られるAR映像なのか、視聴者に「ARとはどういうものか」を示すテレビの合成なのかは不明です。

また、なぜテレビ初公開がブラジルの番組なのか、視聴者にデバイスについて説明しようとしているのか、背景もはっきりしません。

1つヒントになるのは、昨年10月にMagic Leapが5億ドル超の資金調達を行った際、出資者にブラジルのTVネットワーク企業Grupo Globoが参加していたことです。デバイスが披露されたのは、この放送局の番組でした。この繋がりを元に、Magic Leap Oneが今回の公開に至ったのではないかと、推測できます。

それでもなお、Magic Leapが、米国や他の国からは見られないようなブラジルの番組で使われたことは興味深い事実です。

今回の公開について良いニュースと言えるのは、長らく待ち望まれたMagic Leapのデバイス販売が近づいていそうだ、ということです。間もなくMagic Leap Oneを手にすることができるのか、期待が高まります。

(参考)Next Reality


視聴者の視線に反応してリアクション、グーグルのVRアニメ新作

2018/06/21 19:30 VR動画

VR ZONEの「デレマス」CGライブのチケット販売開始! リハ映像も

2018/06/21 19:30 VR体験施設
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集