ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.03.20

Magic Leap、開発用ツールLumin SDKを公開、UnityとUE4が対応

現実空間に様々な3D情報を表示するMRデバイスを開発中のMagic Leapは、開発用のツーLumin SDKを公開しました。Unity、Unreal Engine4(UE4)といった主要なゲームエンジンに対応しています。

Mgica Leapは、巨額の資金調達を行っていることで知られています。2018年上旬にはクリエイター向けのMagic Leap Oneの出荷を予定していますが、詳細情報は明らかになっていませんでした。今回のSDKの公開により、その機能などが明らかになります。

Magic Leap専用開発ツールLumin SDK

公開されたMagic Leapの開発ツールはLumin SDKという名称です。VR/AR開発に使用されているUnity、UE4の2つのゲームエンジンに対応しています。

ダウンロードはMagic Leap公式サイトより可能です。

UE4の公式ブログでは、Magic Leapへの対応が早速発表されています。すでにFramestore、ILMxLAB、Schell Games、Wingnut AR(ピーター・ジャクソン監督)などがすでにUnreal Engine4を使ってMagic Leap One向けのコンテンツを開発し始めているとのこと。



すでに最新版のUE4には、Magic Leap向けのサンプルプロジェクトや専用の編集ツールUnreal Editorが含まれています。

UE4公式ブログによると、“空間コンピューティング”を可能にするMagic Leap向けには以下の機能が含まれているとのこと。詳細は不明です。

・ヘッドトラッキング
・アイトラッキング
・ジェスチャー&ハンドトラッキング
・空間スキャンとメッシュ化
・立体音響
・マイク入力
・6DOFハンドコントローラー(トーテム)トラッキング
・VulkanとOpenGL対応
・UE4のデスクトップ・モバイル両用フォワードレンダリングパスの使用

Unityでも公式サイトでランディングページが公開されています。

また、Magic Leapはチュートリアルや開発向けの文書などを公式の「Developer’s Portal」にて公開しました。こちらよりアカウントを作成し、閲覧できます。

サンフランシスコで3月19日から開催中のGDCではMagic Leapによる講演も用意されており、今後の詳報にも期待したいところです。

(参考)Magic Leap公式Epic Games公式Unity公式

この記事を書いた人

すんくぼ(久保田 瞬)

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

Twitter:@tyranusii

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース