デイリーランキング

消防士の命を救え、アメリカ政府機関がVRトレーニング支持

活用事例

2020/08/03 12:14 New

Oculus Quest後継機の“新情報”、コロナ下でもXR市場予測は上方修正 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/03 08:00

アマゾンの“ARで試し置き”機能、ついに日本でも対応

シミュレーション・接客

2019/05/10 18:30

VRでトレーニングしてプロ選手を目指す サッカー団体の新たな試み

活用事例

2020/08/02 18:30

VRヘッドセット「HP Reverb G2」9月上旬に国内発売、日本HPが発表

業界動向

2020/06/30 15:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

KDDIとVR遠隔操作ロボット企業、「視覚と操作のずれを感じない」低遅延映像伝送を実現

株式会社KDDI総合研究所とTelexistence株式会社 (TX)は、TXが開発する遠隔操作ロボットを対象に、遠隔操作ロボット用の映像伝送技術で50ミリ秒の低遅延伝送を実現したことを発表しました。

これにより視覚と身体感覚との操作のずれをほぼ感じることがなくなり、動きの速い対象物に対して正確な操作や身体的直感に即した操作が可能になるとともに、映像伝送遅延が原因の一つとされる操縦者のVR酔いが軽減され長時間の遠隔操作が可能、としています。

遠隔操作ロボットは、VRデバイスを装着した操縦者がロボットから伝送される映像を見ながら操作します。映像伝送に伴うEnd-to-End遅延がおおよそ100ミリ秒を超えると視覚と操作のずれを大きく感じるため、低遅延化が実用化に向けての課題になっています。

映像伝送End-to-End遅延は、「ロボット側におけるカメラからの映像取得と映像圧縮」「映像データの伝送(ネットワーク遅延も含む)」「操縦者側における映像伸長と表示」大きく分けて3つの要因があります。映像伝送システム開発においては、撮影から表示までの、すべてのプロセスにおける徹底的な処理の最適化が重要です。

低遅延映像伝送を実現、顧客の体験価値を向上する取り組みを進める

今回、両社はTXの遠隔操作ロボット用映像伝送システムで、KDDI総合研究所の汎用ハードウェアコーデックを用いた映像パラメータや、処理フローの最適化技術と、TXのロボット用映像機器の実装・最適化技術により、小型・安価な機器構成で、50ミリ秒の低遅延映像伝送を実現しました。

両社は今回の超低遅延映像伝送技術に関する連携に加え、KDDI総合研究所の画像認識技術をTXのロボットへ応用したロボットビジョン技術においても連携を図り、ロボットや5Gを用いた日常生活やビジネスシーンにおいて、顧客の体験価値を向上する取り組みを進めます。

また、KDDI総合研究所はこれらの低遅延化技術を、KDDI総合研究所で開発するMPEGライブラリMP-Factoryや遠隔作業支援システムVistaFinder Mxへ応用し幅広い利用シーンにおける低遅延映像伝送の実現を目指します。TXは本夏開始される商用化ロボットへと本技術を実装し、人々の遠隔就労プラットフォーム「AWP(Augmented Workforce Platform)」の早期実現をし、遠隔化・自動化のソリューションを展開するとしています。

(参考)Telexistence株式会社 プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
流行の兆しを見せる「バーチャル・ライブエンタメ」、企画・演出セミナーの動画アーカイブ販売中

ときのそら2ndアルバム「ON STAGE!」今秋発売

2020/07/10 11:30 ホロライブ

【ドラクエウォーク】マイレージポイントをさらに貯められる期間限定サマーパス発売

2020/07/10 11:30 ドラクエウォーク