Home » VRの業務利用やイベント運用を簡易化、新ソリューションが提供開始


業界動向 2019.04.05

VRの業務利用やイベント運用を簡易化、新ソリューションが提供開始

インターピア株式会社は、VRコンテンツの業務利用やロケーション展開を支援するソリューション「KANTAN VR(かんたんVR)」の提供を2019年4月より開始します。デバイスには一体型VRヘッドセットを採用。各種商業施設やイベントでの運用をしやすくすることで、VRコンテンツを活用したビジネスの促進を目指すとしています。

今回、インターピアはPico Technology Japan株式会社が展開する一体型VRヘッドセット「Pico G2」シリーズによるサービス提供を開始します。今後は4K解像度のディスプレイを搭載した「Pico G2 4K」にも対応予定とのこと。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

「KANTAN VR」は、一体型VRヘッドセットにインターピアが開発するコンテンツ視聴管理システムを組み込んだ業務用VRソリューションです。PCやスマートフォンを必要とせずに単体でVR体験が行えるため、イベントにおける業務スタッフの端末操作や運営上の取り扱いが簡易化されています。

「KANTAN VR」は、企業がVR活用をスピーディーかつ低コストで始められるよう、一体型VRヘッドセットとシステムソフトウェアをセット。短期間のレンタル契約から利用可能のサービスとなっています。

想定している「KANTAN VR」の業務用途は以下の通りです。
・ 観光スポットを撮影したVR映像を利用したPR 施策(地方創生 活用など)
・ イベントや催事におけるVRコンテンツ作品の展示
・ VR映像を活用した不動産物件の内見サービス
・ VR映像を活用したスタッフ教育・研修サービス
・ 商業施設内でのVRコンテンツ視聴サービス(無料・有料)
・ 保有する会員向けのコンテンツ配信サービス

(参考)インターピア株式会社 プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード