デイリーランキング

ソニーが8K解像度のVRヘッドセットのデモを公開、4K有機ELマイクロディスプレイを採用

テック

2021/12/07 12:30

Vuzixの「メガネそのもの」なスマートグラス、2022年1月からサンプル出荷予定

業界動向

2021/12/06 11:30

視線追跡や心拍センサー搭載のVRデバイス「Reverb G2 Omnicept Edition」日本発売へ

業界動向

2021/12/06 12:00

アディダスがNFT関連からメタバース事業へ参入

メタバース

2021/12/06 19:00

クアルコムとRazer、VRやARデバイスに接続できるゲーム機型開発者キットを発表

開発

2021/12/07 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

インテルが東京オリンピックに協力、VRトレーニングやVR放送実施

米インテルは、東京2020オリンピックに協力することを発表しました。この協力内容には、VRを活用したトレーニングや、同社の「True VR」を用いた放送などが含まれています。

インテルは、東京2020オリンピック競技大会で「コンピューティング」「コネクト(ネット接続)」「エクスペリエンス(体験)」の3つの重点分野に取り組んでいく旨を発表。国際オリンピック委員会(IOC)や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(Tokyo 2020)ならびにパートナー企業と共に取り組みます。

インテルらが行うVR関連の取り組みは以下の通りです。

競技会場の管理者に、VRトレーニング

インテルは、「競技会場で重要な役割を果たす管理者は、VRトレーニングにより、没入感のある学習体験を得られます。インテルのVRトレーニング・システムを通じて、より正確かつ客観的なフィードバックを基に現実的な手法でトレーニングの有効性を改善できます」と発表。競技会場の管理者にVRトレーニングを受講させることで、円滑かつ効率的な会場運営を目指すものと思われます。

VRトレーニングにはリアルタイムで現実空間をバーチャル空間へ再現する「デジタルツイン」も含まれており、計画・シミュレーションなど、さまざまな機会で活用できるとのこと。

VR映像配信技術で開会式や競技を中継

インテルは平昌2018冬季オリンピックで、VR映像配信技術「True VR テクノロジー」を用いて競技の生中継を実施しています。東京2020オリンピックでは、開会式や閉会式、陸上競技、体操、ボクシング、ビーチバレーボールなど、さまざまな競技や会場にシステムが配備され、権利を有する放送局から配信される予定です。

(参考)インテル コーポレーションプレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

PSVRの「ASTRO BOT」、日本ゲーム大賞2019で受賞

2019/09/13 12:28 PlayStation VR(PSVR)最新情報

iPhone11シリーズに搭載予定 隠されし新パーツに注目

2019/09/13 12:28 AR/MR
VR/AR/MR 用語集