デイリーランキング

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」へ正式対応、独自SDKのサポートは2022年8月末で終了へ

開発

2021/07/29 18:30

Oculus Quest 2は北米で約400万台売れている――接顔パーツのリコールから判明

業界動向

2021/07/28 16:05

東京大学ら、デジタルツイン構築プラットフォームをOSSとして公開

テック

2021/07/27 20:08

最近話題の「メタバース」ってなに? 言葉の意味から業界動向まで解説

テック

2021/07/07 15:00

触覚デバイス開発のHaptXが1,200万ドル調達、需要の高まり受け製造拡大へ

投資

2021/07/28 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グリー、不動産向け新サービス開始 スマホで住空間を本格VRコンテンツ化

グリーは、2017年5月23日より「InsideMaps Inc.」の提供する住居空間の撮影およびVRコンテンツ配信ソリューション「InsideMaps」を不動産業向けに販売開始しました。

InsideMapsは、スマートフォンで撮影した写真をもとに各種不動産コンテンツが自動生成される住空間撮影VRコンテンツ配信ソリューションです。

アメリカのスタートアップInsideMaps Inc.の提供する撮影機材とスマートフォンの撮影により、これまで人の手を介して編集を行ってきたウォークスルー機能付き3Dツアーや、間取り図、3Dモデルを全てクラウド上で同時に自動生成することを可能にしました。

THETAなどでの撮影と異なり、VRに対応した立体視可能な撮影が可能。さらに空間構造を把握した3Dマッピング化が可能です。そして、その最大の特徴は高額な特殊カメラを使わずにスマートフォンで撮影ができるというコスト面の低さです。また、


insidemapsの開発した撮影装置。スマートフォンを使い、リグが自動回転することにより360度撮影を数秒以内に完了する。

購入者・賃借人の内見に要する移動時間、鍵の受け渡し時間、費用などは消費者および不動産事業者の課題とされていて、オンライン内見・バーチャル内見による接客の効率化が期待されているとのこと。

サービス概要

InsideMaps(インサイドマップス)

提供開始日 2017年5月23日
利用金額 初期費用 0円、6800円/物件
サイトURL https://vrestate.jp/

なおアルテリア・ネットワークス株式会社が手がける、店舗やWebサイト上で物件を擬似内見できるVR内見システム『VR内見(TM)』や、建築予定物件の風景予想を見ることができるVR新築見学システム「SHOWRISE」など、不動産業界におけるVRの活用が拡大されています。

(参考)
プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

田代まさし氏の1日を追う360度動画「A Day Of 薬物依存症」 NHKが公開

2017/05/24 11:00 VR動画

パールハーバーを記憶に留める: 米国博物館における VR の活用

2017/05/24 11:00 活用事例