デイリーランキング

超高解像VR/ARヘッドセット「XR-1」、開発版が国内販売開始

業界動向

2019/12/06 19:32

ハンドトラッキング搭載の超高解像度VRデバイス「VR-2 Pro」国内販売開始

業界動向

2019/12/06 18:30

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

ナイアンティックとクアルコムが協力体制を発表、AR開発を加速

業界動向

2019/12/06 17:26

続々登場「AR/MRグラス・スマートグラス」まとめ(2019年10月版)

AR/MR

2019/10/27 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus日本チーム立ち上げメンバーの井口健治氏が退社

Oculus RiftやOculus Goで知られる米Oculus社の日本担当であり、Partner Engineering Specialistを務めていた井口健治氏は、Twitter投稿にて、2018年6月30日をもってOculus社を退社したことを明らかにしました。

井口氏はグリー株式会社を経て、池田輝和氏、近藤“GOROman”義仁氏と3名でOculus 日本チームの立ち上げを働きかけ、Oculus社に2014年7月から参画。4年間在籍し、開発者サポートを行ってきました。

同氏はOculus Rift、Oculus Go向け配信コンテンツをリリースする際の丁寧なサポートやUnite Tokyoなどの開発者イベントでも登壇、非公式での開発者向けグループ「Oculusデベロッパー助け合い所」の運営など精力的に活動していました。

今後については未定とのこと。日本からのコンテンツ配信の際の開発者サポートは、今後はOculus本社が担当することとなります。

井口氏はTwitterにて「この4年間色々ありましたが、ここ最近はOculus Goも予想以上に盛り上がり、RiftのUIローカライズ、ストアの日本向けセクション、国内での商用利用パッケージなども始まって、日本市場の重要性もやっと社内で認識されてきて、色々奔走して種撒いてたものも少しずつ芽が出てきつつあるのかなと思いたい」と胸中を語っています。

井口氏とともにOculusの日本担当を務めていた池田氏と近藤氏はすでにOculus社を退社しています。“Oculusを日本に持ち込んで、その広がりを支えた”3名が全員Oculus社を去ることで、日本におけるOculus社の展開は節目を迎えることになります。

彼らが蒔いた種が、今後さらに芽吹くことに期待したいところです。



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

VR×eスポーツ企業が資金調達実施、コンテンツ開発力など強化へ

2018/07/02 12:00 投資

VR制作ソフトのスペースリー、VRマーケティング支援ツールを提供 顧客行動データを活用

2018/07/02 12:00 プロモ・マーケティング

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集