デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR・ARで水害を疑似体験 防災の意識高める

VRは、任意の環境を疑似体験できるという特徴から、企業による防災訓練としても活用がされています。災害を疑似体験することで、災害への意識を高める期待が持たれています。

今回、いであ株式会社は、洪水などの水害被害をVR・ARで体験できる防災教育用アプリを開発しました。同アプリを通して洪水の恐ろしさを体験し、避難遅れの防止を目的としています。

『洪水VR』は、VR空間内で洪水が発生した現場に取り残される状況を疑似体験できるアプリです。風の強さや雨の量、浸水の速度など自由に設定が可能とのことです。本体験はスマートフォンを取り付けるVRゴーグルを着用して行います。

『洪水AR』は、スマートフォンのカメラを通して浸水した状況を見ることができるアプリです。自分の家や身近の場所などが浸水したらどういった風景になるかをあらかじめ確認できます。浸水する水の色や深さを自由に設定が可能です。本体験はVRゴーグルを持っていなくても行えます。

なお、いであは自然災害によって人的被害が生じることがなく、物的被害も可能な限り小さくなる社会づくりに貢献していくとのことです。

(参考)
いであ株式会社 技術広報誌 i-net
http://ideacon.jp/technology/inet/vol48/vol48_new03s.pdf


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ついにVRは無線へ Viveワイヤレスアダプターは遅延気にならず

2018/01/12 11:00 HTC Vive・Vive Pro

「最も悲鳴が聴こえたのはホラーではない」盛り上がる“施設型エンタメVR”をキーパーソンが語る

2018/01/12 11:00 ビジネス活用事例