ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「VR/ARはスマホを使わない単独動作へ」スマホとVR部門合併のHTC、CEO語る

バルセロナで開催されたMobile World Congress(MWC)にて、HTC社のCEOシェール・ワン氏は同社の新たな指針として、「Vive Reality」と呼ぶVR/ARの展望を発表しました。同氏は今後5G通信の普及をきっかけに、クラウドコンピューティングによる単独動作のVR/AR端末がより強力なデバイスとなっていくと語りました。

5G通信が単独のVR/AR端末への鍵

HTCでは先日、VR部門とスマートフォン部門の合併が行われました。基調講演で語られた今後の展望では、同社はこれまで以上に没入型のプラットフォームに重点を置いていくとしています。

HTCは今後5G通信の進歩により、クラウドコンピューティングやAI技術を用いたVR/ARデバイスが広がっていくと見ています。ワン氏の基調講演では具体的なロードマップや時期についての言及はありませんでしたが、同社のビジョンはスマートフォンに限ったものではないといいます。

ワン氏は「スマートフォンは今後もエコシステムの中核をなし、多くの人にとって5Gの導入への第一歩となる」とした上で、5Gネットワークでは究極的には「単独動作のVR/AR端末が世界で最も強力なデバイスとなる」と語りました。また、「VR/ARデバイスはAIにアクセスするための最も重要なポータルとなる」とも強調しました。

クラウドコンピューティングによりハードウェアも変わる

ワン氏は講演で、5Gの重要性について以下のように述べました。

「5Gはクラウドによるスーパーコンピューターの利用を可能にし、デバイスの消費電力低減を始めVR/ARデバイスの能力を大幅に進化させます。VRやARは、ハードウェアとストレージの制約から解放されるのです。5Gを用いた単独動作のVR/ARデバイスはこれまで以上に没入感のある体験を提供し、あるいはスマートフォンの画面をVR/ARデバイスに投影することもできるようになるでしょう」

HTCはより多くの成功したベンチャーへ時間や資金を割くことで、可能な限りの損失を防いでいます。また最近ではスマートフォン部門の一部をGoogleに11億ドルで売却しており、R&D;部門の約半数もGoogleへ移籍となりました。これによって得た資金で、同社はよりVR部門を伸ばしていくのではないかと予想されています。

(参考) Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

フォルト

力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

Twitter:@FoltTenor

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース