Home » VR部門の伸張目指す HTC、スマホ部門とVR部門を統合


活用事例 2018.02.19

VR部門の伸張目指す HTC、スマホ部門とVR部門を統合

HTC社は、スマートフォン部門とVR部門の統合、さらにスマートフォン部門担当プレジデントの辞任を発表しました。同社はスマートフォン部門の一部をグーグルに売却しており、これによって得たキャッシュを元にVR部門をさらに伸ばしていくのではないかと予想されています。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

統合で新体制へ

HTCのスマートフォン事業における技術力の高さは、業界からも認められていたものの、アップルやサムスン、ファーウェイなど大手企業の壁は厚く、苦戦を強いられてきました。2017年9月にはスマートフォン部門の一部を11億ドル(約1,200億円)でグーグルに売却することが決定していましたが、HTCに残ったチームはVR部門に統合されることになりました。

また同時に、スマートフォン&コネクテッドデバイス部門プレジデントを6年間勤めていたチアリン・チャン氏が辞表を提出したことも明らかとなっています。同氏の後任は決まっておらず、今後はVR部門を指揮する各地域のゼネラルマネージャー5名が、スマートフォンとVRビジネスの両方を担当することになります。

VR事業に集中へ

2018年2月末、HTCグループ全体のCEOであるシェール・ワン氏は、世界最大級の携帯電話関連展示会「MWC 2018(Mobile World Congress)」で基調講演を行う予定となっています。昨年までは同イベントでスマートフォンを展示していたHTC社ですが、MWC 2018ではスマートフォンの展示を行わない可能性が高いと見られており、今後はスマートフォンビジネスの縮小・完全閉鎖の可能性も示唆されています。

一方、VR部門は2018年1月に新発表となったVRヘッドセット「Vive Pro」が発売前から大きな話題になっているなど、積極的な展開を続けており、スマートフォン事業で振るわなかった分の巻き返しを狙います。

(参考)
Report: HTC to Merge VR and Smartphone Divisions as President of Smartphones Resigns – Road to VR https://www.roadtovr.com/htc-merge-vr-smartphone-divisions-president-smartphones-resigns/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

※2018年2月19日22:00 本文を一部修正致しました。


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード