デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

未来の乗り物をVRで体験 イーロン・マスクの次世代交通システム「ハイパーループ」

シミュレーション・接客

2019/07/19 11:45

マイクロソフトの「Remix 3D」終了へ

業界動向

2019/07/19 12:30

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

セミナー・カンファレンス

2019/07/18 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

マイクロソフト、HoloLensの複数人利用や現実環境の色付けに関する特許を公開

2016年12月末に新たに公開されたマイクロソフト社の特許によると、MR環境において現実物の色を変えたり、複数人のユーザーでオブジェクトを共有する仕組みとしてバーチャル”アンカー”を配置する方法が提案されています。

1つ目の特許『COLOR FILL IN AN AUGMENTED REALITY ENVIRONMENT』は、現実環境にCGを重畳して環境色を変更する方法について述べています。従来は、現実物の3次元データをあらかじめ用意して、それをもとにCGを作成、重畳する方法が取られていましたが、常に3次元データを用意できるわけではない、処理に時間がかかるといった問題がありました。この特許では、カメラから入力された映像の色が均一な部分を検出し、その部分のデプスセンサー値を合わせて色を塗りつぶすかを決めることによってあらかじめ3次元データがなくてもCGを重畳できるようになったのが特徴です。下図の例では、現実の壁を検出して色を変えている様子が描かれています。

2つ目の特許『VIRTUAL PLACE-LOCATED ANCHOR』は、複数人が同時にMRで作業をする場合、表示するオブジェクトを自分だけ見えるようにしたり(プライベート)、共有(パブリック)したいといった要望があります。この特許ではバーチャル”アンカー”と呼ばれる空間に固定されるオブジェクトについてプライベート、パブリックの切り替えに関する方法を提案しています。

マイクロソフトは非常に多くの特許を出しており、それらのほとんどは実際に製品に搭載されることはありません。しかし、これらの特許からマイクロソフトが多人数でコラボレーションできるようにしたり、現実物とのインタラクションを増やしていこうとしていることが読み取れます。

(参考)

Microsoft HoloLens Patents Let You Change the Color of Your World and Create a Shareable Virtual ‘Anchor’ – (英語)

http://vrscout.com/news/microsoft-hololens-patents-let-you-change-the-color-of-your-world-and-create-a-shareable-virtual-anchor/

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。





【HTC Vive新作】VRでマリンバを演奏するツールなど2作品

2017/01/04 12:40 ゲーム・アプリ

中国VRスタートアップの9割が倒産 中国のVR産業は崩壊するのか?

2017/01/04 12:40 業界動向