デイリーランキング

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」へ正式対応、独自SDKのサポートは2022年8月末で終了へ

開発

2021/07/29 18:30

Oculus Quest 2は北米で約400万台売れている――接顔パーツのリコールから判明

業界動向

2021/07/28 16:05

東京大学ら、デジタルツイン構築プラットフォームをOSSとして公開

テック

2021/07/27 20:08

最近話題の「メタバース」ってなに? 言葉の意味から業界動向まで解説

テック

2021/07/07 15:00

触覚デバイス開発のHaptXが1,200万ドル調達、需要の高まり受け製造拡大へ

投資

2021/07/28 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

バーチャル視力検査、そしてARでの視力矯正 米大学発スタートアップの挑戦

米国の大学発スタートアップHeruは、VR/ARを使って眼科分野の改革に挑みます。まず手掛けるのは視力検査のバーチャル化。そして、メガネによる視力矯正に代わるARデバイス向けの視力矯正アプリケーションを目指します。

視力検査に改革を

Heruは2018年創業の、マイアミ大学眼科研究所発スタートアップです。2021年には合計327万ドル(約3.5億円)の資金調達を行っており、ソフトバンク傘下のSoftBank Ventures Opportunity Fundも出資しています。

同社が手掛けるのは、一般消費者向けのヘッドセットとAIによる診断を組み合わせた、眼に関する検査です。緑内障や複視といった、視覚に関する幅広い症状を対象にしています。

https://www.youtube.com/watch?v=MBSICI5F6pI

Heruや出資者によると、医学分野全体の技術進歩にも関わらず、視力検査の分野は何十年も旧態依然としています。Heruがまず目指すのは、VRヘッドセットを使いどこでも実施できる新しい視力検査です。患者に様々な刺激を与え、それに対する反応を観察。医療機関に、利用に応じた料金を徴収する形でサービス提供します。

メガネ型デバイスの視力矯正に

そして次に狙うのが、ARヘッドセット向けのアプリケーション。デバイスユーザーの視力に合わせて見え方を補正し、メガネ無しで体験できるようにするものです。

既存のARデバイスのうち、例えばNrealLightは視力矯正用のレンズに交換することで、メガネ代わりの視力矯正を行っています。しかしMagic Leap 1のように視力矯正機能やオプションがない場合、視力が十分でないユーザーが、メガネのような視力矯正無しにピントを合わせるのは困難です。このような現状を打破するものとして、Heruの技術が実現すれば画期的であると言えます。

VR/ARを用いた視力矯正・回復の取組はこちらでも取り上げています。

メガネなしで使える視力矯正ヘッドセット? アップル申請の特許が公開 | Mogura VR

メガネなしで使える視力矯正ヘッドセット? アップル申請の特許が公開 | Mogura VR

MoguraVR

ARグラスと網膜下に埋め込んだチップで視力回復 仏企業が開発 | Mogura VR

ARグラスと網膜下に埋め込んだチップで視力回復 仏企業が開発 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)FierceBiotechHeru


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【ドラクエウォーク】スマートウォークで「ドラクエ 2」イベントが発表

2021/05/26 20:00 ドラクエウォーク

リアルさが売りのVRFPS「Onward」続編が開発中か。ザッカーバーグ氏の投稿が波紋呼ぶ

2021/05/26 20:00 ゲーム・アプリ