デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

VR上で「バーチャル学会」が開催、学術や開発者、クリエイターらの交流図る

セミナー・カンファ

2019/12/05 19:00

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

2023年のVR市場規模は148億ドル? 米調査会社がレポート発行

統計・データ

2019/12/05 19:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

小学校の体育でARスポーツ、公開授業が開催

株式会社meleapは、ARスポーツ「HADO(ハドー)」を使った公開授業を実施します。本授業は株式会社スポーツマリオが運営するスポーツ業界の求人サイト「スポジョバ」と共に、東京学芸大学附属世田谷小学校にて8月19日(月)に開催します。

公開授業では「テレビゲームの枠から離れたeスポーツは、教育におけるツールとなりうるのか」「eスポーツは体育とみなすことができるのか」といったことを検証する予定です。

meleapは「体力差や体格差などの発達における差をフラットにする可能性をもつAR領域のスポーツを小学校の公開授業で実施し、日本の学校体育として取り組むことで、新しいスポーツのあり方を社会へ投げかける取り組み」とコメントしています。

公開授業の参加料は1,000円。参加方法はこちらより確認できます。

ARスポーツ「HADO」とは

https://www.youtube.com/watch?v=REBPXwx24kA

HADOは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つARスポーツです。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合います。HADOは世界23ヶ国52箇所に店舗を展開、延べ130万人以上が体験しています(※2019年7月時点)。

(参考)株式会社meleap プレスリリース



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

VRでキャストとゲームやおしゃべりできる「ユメノグラフィア」β版リリース、チケット予約開始

2019/07/16 18:30 ゲーム・アプリ

新型ARグラスか? サムスンが特許を出願

2019/07/16 18:30 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集