Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

グーグルは自社のARプラットフォーム「ARCore」のアップデートを発表しました。最新のARCore 1.7では自撮り画像にエフェクトを追加できるほか、開発者がARの制作手法を学べるアプリ「ARCore Elements」もリリースされています。

グーグルのARプラットフォーム

ARプラットフォーム「ARCore」は特殊なデバイスを必要とせず、スマートフォンやタブレットで利用できます。AndroidだけでなくiPhoneの一部機種にも対応しており、2018年12月時点で対応する端末の台数は2.5億台とも言われます。

https://www.moguravr.com/arcore-samsung-sony-nokia/

https://www.moguravr.com/google-arcore-update-2/

今回のアップデート内容は、大きく分けて以下の3点です。

ARセルフィー機能

フロントカメラに、“Augmented Faces API”が追加されました。高品質な3Dメッシュを作成、ユーザーの自撮り画像に眼鏡や帽子、肌合いを変える等のARエフェクトを重ねることができます。しかも深度センサーを必要としないのが特徴です。

Augmented FacesはUnitySceneformに対応しています。ただし2019年2月現時点では、現実にリアルにARオブジェクトを重ねる「Plane Detection」といった他のAR機能はフロントカメラにはありません。

より豊かなAR表現

ARアプリ開発ツール「Sceneform」を用いて製作できるAR表現が更に多彩になりました。オブジェクトがダンスしたり、ジャンプしたりといったアニメーションを作り出せます。またARの動きを一時停止し、カメラで撮影することも可能です。

AR技術のガイドアプリ「ARCore Elements」

同時にリリースされたアプリ「ARCore Elements」では、ARビギナーの開発者や設計者が、生き生きとしたARアプリを制作するためのハウツーを学べます。アプリ内ではバーチャルのガイドが手法を指南。ユーザーはガイドやアプリ内に現れる作品例と、相互にやり取りしながらARの活用方法を学んでいきます。

https://www.youtube.com/watch?v=-982WeGIasQ

アプリ「ARCore Elements」のインストールはこちらから。

(参考)9to5Google

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

2019/02/19 11:30 開発

「VRグラビア女王 LIVEオーディション」がXRstadiumで生配信 視聴者が審査し“女王”を決める!

2019/02/19 11:30 VR動画