デイリーランキング

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Riftの無償リペアキット公開

Oculus Rift

2019/02/20 11:31

“人の眼”レベルのVRを目指すVarjo、VRヘッドセットVR-1発売 価格は6,000ドル

業界動向

2019/02/20 09:20

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

次世代のスマートフォンへの搭載が期待されているデプス(Depth,深度)センサーは、現実空間の3次元構造をスキャンすることができます。例として、iPhone Xシリーズの前面に搭載されているデプスセンサーは顔認識を行っています。

デプスセンサーの一種であるToFセンサー(距離画像センサー)の開発を行うソニーは、2019年1月末、スマートフォンとデプスセンサーで実現する未来を描いた動画を公開しています。

デプスセンサーで実現すること


(仕事中の父へ、妻と娘が何やらメッセージを描いている)


(仕事帰りの父の前にはクマの人形。クマの周りには「リビングを見て!」というメッセージが)


(リビングへと向かうと、そこにはネオンで彩られたお祝いのメッセージと装飾が。デプスセンサーにより、空間を認識することが可能となり、ケーキをテーブルの上に描くことも可能)


(コミュニケーションツール以外に、自分の腕を銃に見立ててシューティングゲームも遊べる)


(売り手がバッグを“撮影”すると、買い手は実際にスマートフォン越しにバッグを目の前において確認できるように)

https://www.youtube.com/watch?v=kWrUKx_EcOY

AR/VR/MRへの活用が期待

ソニーは、裏面照射型Time of Flight方式(ToF方式)を利用した距離画像センサーの開発を進めており、2017年12月には「IMX456QL」の商品化を発表しています。

同センサーにより空間の認識能力が強化され、プレイヤーの身体動作を高精度で認識してVR内に反映するといった利用法や、部屋の壁や床との距離測定精度を高めるいった使用法が考えられ、AR/VR/MRへの活用が期待されます。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

輝夜月のバラエティ番組「LUNA TV」第5回にミライアカリが登場!

2019/02/14 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

あなたはもう体験しましたか?衝撃のVR作品!- VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第12回

2019/02/14 19:00 VR動画