デイリーランキング

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Riftの無償リペアキット公開

Oculus Rift

2019/02/20 11:31

“人の眼”レベルのVRを目指すVarjo、VRヘッドセットVR-1発売 価格は6,000ドル

業界動向

2019/02/20 09:20

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

エクアドルでVRとARを使用した職業教育 世界銀行ら協力

南米のエクアドルで、VRとARを活用した「職業教育プログラム」の採用が決定しました。このプログラムは、VRとARを使うことにより、学習者の技術習得がより効率的することを目的として実施されます。プログラムは2020年5月までにスタートされ、エクアドルの大学や専門学校の学生たちが対象になります。

南米初の取り組み

「ActiVaR」と命名されたこの職業教育プログラムは、世界銀行が技術的な面と資金面の双方でサポートする形で進められています。世界銀行と提携する形で、スペインのカタルーニャ州の都市、バルセロナに拠点を構えるIT企業「Visyon」も加わっています。またエクアドルの高等教育科学技術革新庁のほか、様々な公的機関もサポートを行っています。

「ActiVaR」は、職業にあわせてVRやARの適切なデバイスを使用して職業訓練を受けるシステムです。VRの場合、Oculus RiftやOculus Go、HTC VIVEを、ARの場合はMagic Leap Oneや、MicrosoftHoloLens、moverioを使用します。プログラムの始動発表に伴い,エクアドルの首都キトで行われたイベントでは、150人を超える参加者がプログラムを体験しました。

「(ActiVaR)は、VR教育を軸とした工業科目を大学に設け、学生たちがVR教育に触れるためのハードルを下げることを目的としています」と説明するのは、世界銀行のJimmy Vainstein氏です。「(プログラムは)VRによる効率的な実践教育を実現します。加えて、学生たちの成績の採点も行い、就職の際の指針ともします」と付け加えました。

VRやARを活用した教育は世界各地で行われています。南米大陸では、エクアドルの試みが初となります。

(参考)VRscout

Mogura VRはVRscoutのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

思春期特有の鬱や不安にVR 米国で高校生向けのプログラム始まる

2018/12/04 15:00 VR

VTuberによる24時間番組「ぽんぽこ24」 配信収益160万円を震災復興支援に寄付

2018/12/04 15:00 VTuber 最新ニュース一覧