デイリーランキング

Quest向け非公式ストア「SideQuest」Oculus創業者らから65万ドル資金調達

投資

2020/09/26 18:30

「Oculus Quest 2」製品版先行レビュー。性能とコスパからFacebookの本気を感じろ!

テック

2020/09/17 02:33

VR遠隔リハビリのXRHealth、ADHD改善プログラムをリリース

活用事例

2020/09/25 18:30

アップルが「AR体験共有アプリ」の特許取得。将来のインタラクティブARゲームなどを視野に

テック

2020/09/25 20:30

フェイスブックが「Oculus Quest 2」10月発売、スマートグラスも2021年にリリース ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/09/23 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

東京大学とドコモ、カメラ映像から複数人モーキャプ技術を開発

東京大学と株式会社NTTドコモの研究チームは、特殊な装置やスーツを用いずに、広い空間における複数人のモーションキャプチャを行う技術を開発しました。これにより「スポーツの試合やライブ会場など、従来モーションキャプチャが困難だった場所でも手軽にモーションデータを取得し、運動解析や3Dアニメーション作成が可能になる」とのことです。

本技術の開発には、東京大学 大学院情報理工学系研究科 中村仁彦研究室が参加。カメラ映像のみからモーションキャプチャを行う技術「VMocap(ブイモーキャプ)」を応用し、解析に用いるべき最適な映像を、複数のカメラから自動的に選択して切り替えることで、広い空間における複数人のモーションキャプチャを行います。

映像で重なっている状態でも運動推定

本モーションキャプチャ技術を用いることで、人同士の身体が映像上で重なって見える状況下でも、人の骨格構造と運動の連続性、そして画像認識技術を活用することによって運動を推定することができます。フットサルのように複数の選手が激しく動き回るようなシーンでも、高精度で滑らかなモーションデータや骨の動きが取得できることのこと。

また本技術に加え、中村研究室が持つロボティクスに基づいた動作解析技術を用いることで、骨の運動だけでなく身体に働く力や筋の活動まで計算し、可視化も可能としています。これにより、複数台のカメラ映像から、運動の計測・解析までが一貫して行えるようになっています。

今後はスポーツに活用、介護向けにも

今後は本技術を、サッカー・野球・体操・フィギュアスケートなどのスポーツに適用し、トレーニングや戦術解析、障がい予防、運動のアーカイブ化などに役立てるとしています。また、エンターテインメント領域における3Dアニメーション作成、介護・リハビリ現場での運動評価などにも活用していく予定とのことです。

なお、1月23日から24日に東京ビックサイトにて開催されるNTTドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」にて本技術に関するデモ展示が行われます。

(参考)株式会社NTTドコモ プレスリリース


カナメとハルキー1stアルバムの試聴動画が公開 単独イベントも開催

2020/01/17 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

渋谷PARCOのVR/AR展示、1ヶ月で25,000人を動員

2020/01/17 19:00 業界動向