デイリーランキング

パナソニックのVRグラス「超小型・高解像度」実現のカギは?

テック

2021/01/20 18:30

Rokidが新たなメガネ型ARデバイスを発表、ウェーブガイド技術採用

テック

2021/01/20 18:00

三菱地所らが「バーチャル丸の内」展開へ デジタル空間での街のあり方を探る

業界動向

2021/01/20 20:13

パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート、レノボは新ARグラス発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/01/18 08:00

リコーが実在施設をVRで再現、遠隔から来訪可能に

活用事例

2021/01/18 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

DMMと東京大学がVR空間のUIを共同研究、新しいVR体験を開発

合同会社DMM.comは、VR空間におけるインタフェースを最適化することを目的として、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター(VRセンター)と共同研究を開始しました。DMMとVRセンターは、科学的に定量解析・評価するための手法を確立することにより、VR空間のユーザーインターフェースの最適化の研究を行います。

2018年よりVR研究室を設置、リサーチを継続

DMMでは2018年よりVR研究室を設置し、VR領域を始めとしたxR領域におけるリサーチと開発を行っており、VRシューティングゲーム「BOW MAN」などをリリースしています。

一方VRセンターでは、VR分野を担う人材の育成と、VRを活用した教育システムの普及を目的とし、人間の知覚と心理についての基礎研究やVRの要素技術研究、VR応用システムおよび、VRアプリケーションのユーザーインターフェース等の研究開発を行っています。

VR空間におけるUIの習熟・没入度に着目

今回の共同研究のテーマは、「VRシステムの評価及び最適化手法の提案」です。DMM VR研究室が有する「BOW MAN」などのVRサービスでのデータ解析。VRセンターとの連携により、インプット方式やアバターの表示など、VR空間におけるユーザーインターフェースへの習熟・没入度などに着目します。

今後、DMMは「今回の研究を踏まえ、新しいVR体験の開発に努めていきます」とコメントしています。

(参考)合同会社DMM.com プレスリリース


休園中でもディズニーを“VR観光”。YouTubeの360度動画に注目

2020/04/01 19:00 VR動画

VRで“在宅社会人研修”、リモート支援システム開発

2020/04/01 19:00 活用事例