デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

5Gと“デジタルツイン”で働き方変革、NTTドコモとSymmetry

建築向けVRソフトウェアを開発するSymmetry Dimensions社と株式会社NTTドコモは、現実空間をバーチャル空間へ再現する「デジタルツイン」を活用し、建築・土木業界の次世代の働き方を実現する共同実証実験に合意しました。

VR/ARを活用することで、実寸かつ現実と同様の色や質感を立体的に再現し、遠隔地にいても現場にいるかのような環境を実現します。

ドローンやレーザースキャンで「デジタルツイン」、5Gも活用

本実験では、ドローンやレーザースキャナーで取得した大容量の点群データを5Gを通じて「ドコモオープンイノベーションクラウド」上に収集し、バーチャル空間内に現実世界を再現。熟練技術者の高齢化による技術継承問題や少子化による今後の労働力不足が深刻な建築業界の課題を解決することを目指します。

測量技師などは現場に行かなくとも、再現されたデジタルツインを活用して何度でも調査・測量を行うことが可能です。これにより稼働を削減でき、業務の効率化が期待されます。

また、「将来的にはエネルギーインフラの流れや交通インフラなどの様々な情報を付加し、バーチャル空間上で事故予測・故障予測といったシミュレーションを実施するなど、現実空間以上の価値を持たせることにより、革新的な働き方の実現を検討していく」とのこと。

(参考)Symmetry Dimensions プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

大学生が創業のVRスタートアップ、アメリカ空軍とVR訓練プログラム開発へ

2019/09/19 12:15 軍事利用

東京国際映画祭でバーチャルアイドルと共演できるイベントが開催

2019/09/19 12:15 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集