デイリーランキング

グーグル、ARCoreの新機能「Depth API」発表。スマホのカメラだけで空間情報を取得

テック

2019/12/11 19:00

Oculus Quest、ハンドトラッキングが今週中に実装

Oculus Quest

2019/12/10 18:09

LogitechのVR専用ペン「VR Ink」予約開始、価格は750ドル

テック

2019/12/12 12:30

中国スマホメーカーのOPPO、ARヘッドセットを発表 2020年初頭発売へ

業界動向

2019/12/12 19:30

インテル、新型デプスカメラ「RealSense LiDAR L515」発表

テック

2019/12/13 12:45 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

5Gと“デジタルツイン”で働き方変革、NTTドコモとSymmetry

建築向けVRソフトウェアを開発するSymmetry Dimensions社と株式会社NTTドコモは、現実空間をバーチャル空間へ再現する「デジタルツイン」を活用し、建築・土木業界の次世代の働き方を実現する共同実証実験に合意しました。

VR/ARを活用することで、実寸かつ現実と同様の色や質感を立体的に再現し、遠隔地にいても現場にいるかのような環境を実現します。

ドローンやレーザースキャンで「デジタルツイン」、5Gも活用

本実験では、ドローンやレーザースキャナーで取得した大容量の点群データを5Gを通じて「ドコモオープンイノベーションクラウド」上に収集し、バーチャル空間内に現実世界を再現。熟練技術者の高齢化による技術継承問題や少子化による今後の労働力不足が深刻な建築業界の課題を解決することを目指します。

測量技師などは現場に行かなくとも、再現されたデジタルツインを活用して何度でも調査・測量を行うことが可能です。これにより稼働を削減でき、業務の効率化が期待されます。

また、「将来的にはエネルギーインフラの流れや交通インフラなどの様々な情報を付加し、バーチャル空間上で事故予測・故障予測といったシミュレーションを実施するなど、現実空間以上の価値を持たせることにより、革新的な働き方の実現を検討していく」とのこと。

(参考)Symmetry Dimensions プレスリリース



【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

大学生が創業のVRスタートアップ、アメリカ空軍とVR訓練プログラム開発へ

2019/09/19 12:15 活用事例

東京国際映画祭でバーチャルアイドルと共演できるイベントが開催

2019/09/19 12:15 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集